猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

絵本 『ポテト・スープが大好きな猫』

寝ている猫

この本を手にとったきっかけ

 
もともと絵本が好きだったが、この本を読むきっかけは和訳が村上春樹さんだったからだ。

 

村上春樹さんが文壇にデビューしたのは、私が10代前半くらいの頃だったと思う。その歳で村上春樹を読むなんてませた子供だったとつくづく思うが、よくわからないながらも大好きで読んでいた。
自分では筋金入りのファン(村上主義者とも言う)だと思っている。
村上春樹さんが読者の質問に答える「村上さんのところ」で質問をしたこともある。内容は猫のことだった。

で、村上作品はもちろんのこと、訳された本もよく読むのだが、これは表紙を見ただけで即買いした。
村上春樹、猫、優しくてきれいな絵の3拍子がそろっていたから。
村上さんのエッセイには昔から猫がよく出てくる。村上さんが小説を執筆していると、猫がやってきて村上さんの履いているスリッパを枕にして寝る、という話(何十年も前に読んだエッセイなので、この記憶が正しいのかちょっと不安)が印象的だった。

うちの猫は、眠い時はスリッパではなくひざに乗ってくる。
でも眠くない時は、パソコンに向かう飼い主の背中をバリバリと引っかき、テーブルの上にのってちょっかいを出し、パソコンにズカズカ乗り、最終的にキーボードは猫に乗っ取られる。
村上さんの猫とは大違いだ。
 

湖のボート

 この本の魅力

 
この本に出てくるのはおじいさんと歳とったメス猫。
おじいさんの家で一緒に暮らす猫は、おじいさんのつくるポテトスープが大好きだ。

おじいさんと猫は、よくピックアップトラックに乗って湖へ魚釣りに行く。
絵には二人がボートに乗って魚を釣る様子が描かれている。猫がボートの舳先にすわり、おじいさんは釣り糸を垂れている。
その二人の姿が、穏やかな湖の水面に映っている。

その日もおじいさんは、魚釣りにでかけるぞ、と猫に声をかけるが、猫は起きてこない。
仕方なくおじいさんは一人で湖へ出かけるが、霧のたれこめた湖へ猫のいないボートを漕ぎ出すおじいさんの丸まった背中は淋しそうだ。
結局その日魚は一匹もかからず、おじいさんが家に帰ってみると猫はいなくなっていた・・。
 
おじいさんに置いていかれて、ひとりで魚を捕りに出かける猫には、うちの雌猫の気の強さや自己主張の行動に通じるものがあって、くすっと笑ってしまった。
 
寄り添うように暮らしてきた猫が突然姿を消した、からっぽの家。
当たり前にあると思っていた日常のかけがえのなさ。
いつもそばにいた空気のような存在への愛おしさ。

読んでいて、自分の身に置き換えられずにはいられなかった。
家族(そこにはもちろん猫も含まれる)の存在の重さに、改めて思いを巡らせた。

絵も優しいタッチでほのぼのとして、見ていてじんわりと心が温まるとても素敵な絵本だ。
 
 
 
人気ブログランキングはコチラ

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com