猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

くっつきたがり

今週のお題「鍋」

 

膝に乗る猫
「これ、あたしの椅子にゃのよ」

高菜

 

先週、夕食を水炊きにした。

鍋のお楽しみと言えば、最後の締めですね。
うどんにするか、雑炊にするか。
小麦粉か、米か。

 私はうどん派だけど、夜の締めをうどんにして翌朝に米と卵を投入して雑炊にした。

話は変わって、この前ネットで注文した野菜セットが届いた。
中身はお楽しみというやつなんだけど、箱を開けたら大量の高菜が放り込まれていた。
5キロのコメ袋大のビニール袋に、ずっしり入っていた。

しばし唖然。
こんなの冷蔵庫に入らない。
高菜漬けでも作るなら嬉しい量なのかもしれないけど・・・。

いっそのこと鍋にしてしまおうか。
だけど最近やけに暑いし、先週鍋にしたばかりだし、さすがに気分じゃない。

考えた挙句、1/3は茹でて冷凍、残りはそのまま冷蔵庫で保存して頑張って早めに食べることにした。
2/3を別の袋に移し替えていると、なんと袋の底に毛虫が!
よく見るとぴょんぴょん飛んでいる虫もいた。

これを冷蔵庫に入れるのが不安になってきた。
そこで意を決して、全部洗って茹でてしまうことにした。

大量の高菜を一枚ずつ、流水でジャージャーと洗う。
その途中で新たにナメクジ(ひゃ~~っ)とテントウ虫(”もどき”かも)を発見。
そっとすくって、毛虫の入っているビニール袋へ。

そのビニール袋を持って近くの野原へ行き、彼らを野に放った。
高菜を食べてただけなのに、まさかグラグラ煮立つお湯に入れられる寸前までいくなんて、思ってもみないよね。

寒くなるけど、頑張って生きてくれ。

 

密着希望

 

私の膝は、アオイの椅子だ。
私が座椅子に座ると、いそいそとやってきて躊躇なく膝に乗る。

アオイは3キロなので重くはないけど、乗ったら何時間も動かないので、足を広げて三角地帯に収まってもらう。

足の間におさまる猫


私の足の間で、アオイはたっぷり毛繕いして眠りにつく。

しばらくすると、トイレに行きたくなってくる。

トイレに行きたい女


ついでに、お茶のお代わりも欲しいな。

寝ているアオイを起こさないように、立ち上がる準備を始める。
まず背中のクッションを外し、体を後ろへじりじりとひく。

椅子からクッションを出す


アオイが目を覚ましそうになると 動きを止める、の繰り返し。

少しずつ移動する女


体を限界まで引いたら、足をアオイから少しずつ離していく。

足を少しずつ動かす


またしても目を開けそうな敏感なアオイ。

そっと立ち上がる


足を立てて、そっと立ち上がる。

立ち去る女


ところがトイレから出たら、アオイが待ち構えていた。

追いかけてきた猫


ほとんどいつもこう。

私が苦労は、だいたい徒労に終わる。

 

  

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com