猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

猫はワキの下が好き

 

昼寝中の猫

起きてる猫

見上げている猫


秘密の空間

 

仕事の合間にひと息


私がダイニングの椅子に座っていると、アオイが「乗せろ」とやってくる。

 

膝に乗せてほしい猫


私の膝の上は狭いので座っても落ち着かないようで、脇の方に潜り込んでいく。


潜りこむ猫


脇腹と服の狭い空間をウロウロしてる。


そして背中のうしろと背もたれの間を通って、反対側から出てきた。

 

 匂いでエキサイト

 

ゆずは体が大きいので、アオイ以上に私の膝の上は狭くて窮屈。
だから椅子に座った私には目もくれず、三太一筋。


三太の膝の上は広いので、ずり落ちることなく安心して眠っている。

 

膝に乗りたい猫

 

薄着になる季節には、ユズの楽しみがもうひとつ増える。

三太のTシャツのワキの下に、鼻をぐいぐい押し付けることだ。

鼻をおしつける猫


ワキの匂いが好きなのだ。

私のワキの匂いには魅力を感じないようで、無反応。
三太のワキの匂いには、猫を魅了するフェロモンのようなものがあるのか?


以前書いた記事でにゃにゃにゃ工務店さん(id:JuneNNN)が、「にゃんこはアポクリン汗腺(毛根にある=いわゆるワキのにおい)には食いつくみたいですね」とコメントで教えてくれた。

このアポクリン汗腺というやつが、私にはあまりないのかな?

 

junemutsumi.hatenablog.com

 

でもユズ以上に、たちが悪かったのはおむすびだった。


三太の膝に乗って甘えていると、Tシャツの下をくんくん、そして鼻でぐいぐい。
三太の脱ぎ捨てたTシャツにマタタビよりも激しく反応していたので、これには納得できる。

ここまではユズと同じ。

甘える猫


でも興奮してくると、突如三太のワキの下に噛みつく、という暴挙に出た。

かみつく猫


おむすび、あなおそろし。

 

今日見た夢

 

話は全く変わるんだけど、今日見た夢にアメリカ大統領が出てきた。
多分、トランプ支持者による議事堂侵入のニュースが誘因したものと思われる。

 

公務で我が家にやってきたトランプとオバマ(なぜバイデンじゃない?)にリンツのチョコレートを振るまったら、ミントチョコをほおばったトランプが突然苦しみ出した。

チョコになにかを混入したのは誰だ?というサスペンス的なシーンで目が覚めた。
ちなみに犯人は私ではない。

 

そう言えば去年買ったリンツのチョコがまだあったっけ。

目が覚めて、早く食べなきゃ、と思ったのだった。

 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com