猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

暇つぶし

 

キャットウォーク
キャットウォークの上でまったり

キャットウォークキャットの上で
揉め事も起こる


キャットウォーク


木材だけオーダーメイドして、あとは設計から組み立てまで三太の手作りキャットウォーク。(組み立ては私も手伝った)
苦労して完成させるまでに、何日もかかった。

初めてキャットウォークで遊んでくれた時は嬉しかった。

 
今では主に寝場所になっている。

キャットウォークで寝る猫



たまに、歯磨きや投薬からの逃げ場所にもなる。
キャットウォークに逃げられると、背の低い私には捕まえられない。


そのキャットウォークの上に置いていたクッションと猫ベッドが、だいぶ古くなってきた。

キャットウォーク右側
右側のクッション

キャットウォーク左側
左側の猫ベッド


そろそろ新しいのにしようかと思い、この3連休で久しぶりにホームセンターへ行こうかと考えていた。

 

ところがまた嫌な感じでコロナ感染が広がり出し、ホームセンターも混んでいるだろうと思ったら行く気が失せてしまった。

クッションと猫ベッドは次の機会にしよう。
何かのついでに通販で買ってもいいし。

 

3連休は落語を

 

予定が無くなってぽっかり空いた時間、なにをしようかな。
久しぶりに落語を聞く、なんていいかも。

そこで昨日、動画で観たのが枝雀。
観たいと思ったら観たいものがパパっと選べる、便利だ。

 

そういえば20代のころ、浅草や上野に落語を聞きに行っていた時期があった。

演芸ホールはどのタイミングでも出入り自由、ふらっと入って楽しんで笑って、お腹が空いて食事に行きたくなったら、すぐ出ればいい。

まわりは年配の人たちばかりで、それもまた新鮮だったっけ。
売店のガラスケースには、スーパーの棚に並んでいるような親しみやすいお菓子が並んでいて、見ているとやけに食べたくなったものだ。

 

落語の醍醐味は、耳から入った言葉から広がるイメージや風景、人の表情、そして同じ話でも演者によって笑いが変わってくること。

  

お姫様

 

お姫さまの猫


アオイは我が家のお姫様だ。
アオイのワガママは、ほとんどがまかり通る。

ワガママな猫


ヒマつぶしと言っても、私はだいたい忙しがってバタバタしている。

ヒマつぶしの相手を要求するのは、いつも猫だ。
そして毎度、猫の圧に屈する私。
 

猫の要求


私の歌は、もうこりごりなアオイ。


落語する女

しらけている猫


ちなみに私は、落研出身ではありません。(広告研究会でした)

 

語り部の女

語る女


地元の民話研究会にも、所属しておりません。(そもそも民話研究会がありません)

 

呼び鈴が鳴る

宅配便が来た

猫の想像


たぶん、コメ。

 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com