猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

おむすび編37.  猫は立ち止まってほしくない場所で立ち止まる

 

先日近くのスーパーに買い物に行ったときのこと。
買い物を終えて、車で駐車場を徐行していたら、運転していた夫の三太がバックミラーを見て「なんだあれ?!」と言った。

 やたらに急いでいる後ろの車


「なんだ、って何が?」と助手席の私。
「後ろの車がすごい勢いで走ってきて、後ろにぴったりついてる」と言う。
ヤバい人だと困るので振り返らないことにした。


ところが三太、そこからわざとスピードを落とした。ムカついてるんだろう。
「やめなよ!」と私は言った。「後ろをこれ以上イライラさせてどうするの?」
三太は私の言うことなんか聞かない人なので、そのままのろのろしたスピードで走っている。


「後ろの人はどんな人なの?」と聞くと20代後半くらいの女性らしい。とりあえずこわい人じゃないわけね。
そして駐車場を出て、広い道路に出る手前の信号で止まった。


ここで三太がギアをバックに入れた。するとピーっとけたたましく警報が鳴ったではないか。
警報が鳴るということは、後ろの車がこの車に30cm以内に接近しているということだ。
30cmって近すぎないか?

 

うちの車はそのあと左折、後ろの車は幸いにも右折したので、ここでさよならすることができた。
後ろの車はぐいっと曲がったかと思うと、あっという間に見えなくなった。

 

よほどなにかの緊急事態なのかもしれない。
だとしても、ちょっとあれはどうなの?と思った。

そして、あの人は猫は飼えないだろうな、と思った。
猫を飼うと、いやというほど待たなくちゃいけなくなるから。

 

猫はまず人間の思うように動いてくれない

 

立ち止まる猫

一体なにを考えているのやら

 

うちのバスルームの脱衣所は、タオル掛けに猫が足をはさみそうになったり、洗濯機の上部が斜めでつるつるしていたりして、猫にとって安全とは言えない場所だ。
だからおむすびが入ってくると私は監視の目を光らせる。


用が済んで脱衣所をあとにする時、ドアに手をかけて「さぁ、行きますよ。出て下さい」とおむすびに向かって言う。
おむすびは2,3歩進むのだが、そこで立ち止まる。
引き戸のレールの上で立ち止まり、座ってしまうこともある。


もう少し進んでくれたらドアが閉められるのに。
でも置き去りにはできない。
辛抱強く、じっとおむすびに視線を注いで待つ。
おむすびもやけに神妙な顔で座っている。

 

・・・・・。

この状況はなんだ?

 

ドアを閉めようとする女

じっと動かない猫

 

もしかして、おむすびは私が発する「早く出んかコラ!」という思念を感じ取っているのではあるまいか。
「ん?この念は一体なんでしょう?」と考え込んでいるように見える。

 

試しに、そこから離れてリビングに行くと、あとからちゃんとついてくる。
で、私はやっと脱衣所のドアをしめに行く。

 

うーむ・・・。
やっぱり念なのでしょうか?

 

おむすび編38に続きます 

 

人気ブログランキングはコチラ

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 

 

www.daidaiebine.com