猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

おむすび編16. ノラ猫おむすびをうちに迎える準備

 ノラ猫のおむすびを家族として迎えるからには、毎日を穏やかに幸せに過ごしてもらいたい。

なので猫を知ることは必須です。 

 

 改めて猫のお勉強

 

それからの一週間、私は時間を見つけては猫について猛勉強した。
「猫との暮らしかた」という本を購入し隅から隅まで熟読した。
気がつくと、あっという間に時間が経っている。なにかに集中すると、時間ってこんなに早く過ぎるんだっけ?

 

本に読みふける

 

そして、猫の病気についてもパソコンで何時間もかけて調べた。
猫の病気にはいろいろあるんだと、この時初めて知った。


猫の持つ臓器の分だけ病気があることは当然のことなのだけれど、こんなにたくさんあったら何に気をつければいいのかわからない。
とりあえず、腎不全や尿路結石が多いらしいので、引き続き塩分とミネラルには注意して、水もきちんと飲ませなくては。


白血病と猫エイズは野良猫の感染率が高いという。すごく気になる。両方とも不治の病じゃないか。
おむすびが感染してないといいけど、と思う。
でも、たとえキャリアであることがわかっても、飼うと決めたことには変わりはない。

 

部屋を猫仕様に変える

 

そんなこんなで土曜日がやってきた。
午前中三太は会社の同期とテニスに出かけていった。

こんな暑さの中、熱いアスファルトのテニスコートで走るなんて正気とは思えない。
若くてもぶっ倒れそうだ。そして三太は若くない。


三太も子供ではないから心得ているはずなのだが、私は何度も「たくさんお水飲んでよね」と言わずにはいられなかった。猫にとっても人間にとっても、水を充分に摂ることのなんと大切なことよ。
あぁそれにしても、この心配の対象がもうひとつ(一匹)増えるんだわ、と思うとなんでも心配しすぎる自分にげんなりしてきた。

 

三太が出かけた後、まずは家中を掃除した。
倒れたら壊れそうなガラス製や陶器の置物を片づけた。
オシャレな部屋にすることはあきらめて、猫に安全な部屋に変えていく。
猫が入りそうな隙間も危険がないかチェック。
おむすびが齧りそうな観葉植物は、2階の1室に運びドアを閉める。
壁の隅っこにたまったほこりも拭きとる。
油でべとべとしている冷蔵庫の上も、乗られたら困るのでべたべたがとれるまで拭いた。

 

救いようのない私の心配性

 

三太がテニスから帰ってきたので車を出してもらい、ホームセンターで猫用トイレ2個(なにはともあれトイレだ)、エサ、爪とぎ、猫用爪切り(おむすびは爪を切らせてくれるだろうか?あぁ心配だ!)、猫ベッド、キャリーケースなどを購入した。


帰ったらそれらを早速配置した。
リビングは昨日と全く違う雰囲気になった。
疲れた・・・。

 

明日ちゃんとおむすびを病院に連れていけるだろうか?
そして、がさつな私にちゃんとお世話ができるんだろうか?


おむすびを飼うと決めたものの、猫初心者の私たちに不安の種は尽きない。

 

心配する女

 

こうして過剰な心配症の自分に疲れ果て、この日はぐっすり眠った。

 

 おむすび編.17に続きます

 

人気ブログランキングはコチラ

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com

 

 

www.daidaiebine.com