猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

おむすび編20. 空港の検疫官は犬、我が家の検疫官はお気楽な猫

おむすびが我が家の一員となってから三日目の夕方、三太が通販で注文していたキャットタワーが届きました。
さっそく二人で組み立てはじめましたが・・・。

猫が運動不足にならないための効果的な運動は

 

調べたところによると、猫にとっては横の移動より上り下り運動が大切らしい。

うちに置いてある家具といえば、テーブルと高さ1mくらいのローボードとタンス。ネコの上下運動にはちょっと物足りない。


そこで三太がネットで吟味に吟味を重ね、キャットタワーを発注した。(三太はいい加減に商品を選ぶようなことはしない。仕様をじっくりと検討比較し、納得したものを購入する)
その、三太厳選のキャットタワーが届いた。

 

仕事のストレスでくたくただったし、今日はもう眠いから組み立てるのは明日にしようか迷った。
が、体にムチ打って組み立て始めた。外にいる頃は、いろんなところに登っていたであろうおむすびだから、うちの中で過ごすようになって運動不足になってはいけない。

 

キャットタワー組み立てに倍の時間がかかる

 

これがすごく大変だった。
キャットタワーは天井まで届く背の高いタイプで、地震などで倒れないように突っ張る仕様になっている。
真ん中でハウスとハンモックの二手に分岐していて、お好みでどちらででも昼寝できる。
柱には爪研ぎできるように縄が巻かれている。
柱ひとつとってもがっちりと重い。


二人がかりで、ダンボールから取り出し、組み立て説明書を読み(三太は取説を読まないタイプで感性でやっちゃおうとする派、私はわからなければすぐ取説を読む派。だって、完成間近になって「やっちまった!」と焦るのは嫌ですよね?)、組み立ててネジを回し、よっこらしょと立てて・・・。

 

そして、私たちはここで初めて「猫を飼う者の洗礼」をバッチリ受けたのであった。

 

物音で目覚めた猫

匂いをかぐ猫

板の上に乗る猫

 

とにかく大変で、夜中の12時までかかってしまった。
我が家の検疫官を名乗り出たおむすびは、さんざん邪魔したあと、やっと飽きて向こうのソファで寝てしまった。
それから格段に、作業効率が上がったことは言うまでもない。

 

この日学んだことは多かった

 

その内容は、


1.ネコはすべてをチェックしなければ気が済まない
2.すんすんと匂いをかいだあとは、乗り心地を試す
3.ネコは、飼い主の注意が別のものに向けられることを許さない
4.飼い主はよっぽどのことがない限り、ネコを無視できない

 

学んだ中で、キャットタワーの組み立て作業に関するものはひとつもなかったが・・・。


私たちがこの日得たのは「ネコの手を借りたいほど忙しい時そばにネコがいたら、ネコに頼めば(もとい!頼まなくても)倍の時間がかかる」という教訓であった。

 

 

おむすび編21に続きます

 

人気ブログランキングはコチラ

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 

 

www.daidaiebine.com