猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

恨み節、再燃


仔猫の頃、ユズはアオイにちょっかいを出しまくっていた。
見ていてアオイが可愛そうになるほど。

アオイのストレスはハンパなかったに違いない。

 

扉の向こうのものが気ににゃるわ。
ちょっとユズ、邪魔ね。

 

気にする猫


仕方にゃいから回りこむわ。
ユズ、いちいち見にゃいでちょーだい。

回りこむ猫


ユズも気ににゃるの?

 

覗きこむ猫


これは何かしら?

 

ちょっかいを出す猫


あっ、やめてよ!

 

小競り合い


パシッ(猫パンチ)

猫パンチ


もう!やめてったら!

怒る猫


・・・・・。

カメラ目線



怒り

怒りって、時間が経つと不思議にスッと消えてなくなる。

若い頃、職場のおじさんに失礼なことを言われて腹を立て「あのオヤジ一生許さん!」と息巻いていたことがあるが、翌月にはそのおじさんとアホな話で笑っていた。


多分そのおじさんは、私にとってどうでもいい存在だったんだろう。
これが大好きな人、信頼している人だったら、もっと時間がかかったかもしれない。

 

もし自分を傷つけたのが自分にとって重要な他人なら、その時点でその人に見切りをつける。
そして、時間の経過とともにその人はどうでもいい存在になっていく。
そして怒りは消失する。

 

怒りは不要な感情だと思う。
怒れば怒るほど感情に振り回されて、自分も傷つく。

 

どうせいつか消えるものなのだから、最初から「何年か先には、これもどうでもよくなること」と、怒りの矛をおさめられるようになりたいものだ。

 

蒸し返し

 

保護主さんの家では、アオイの周りは大人の猫ばかりだった。
物静かな優しいおじいちゃん猫の上に乗って、平和に眠るアオイの写真を見せてもらったこともある。

 

ところがうちにきて、いきなり同世代のユズと同居するはめになったアオイ。
そしてユズはひと際ヤンチャでしつこかった。

飛びつく猫


うしろから飛びつかれ、何度追い払ってもまた飛びつかれる。
アオイはどれだけ戸惑ったことか。

怒る猫

 

シャーシャーパンパンと威嚇が始まり、終わる気配がないとさすがに目に余って、2匹の間に段ボールで壁を作ったりしていた。

ついたてを置く人

あまり効果はなかったけれど。


大人になって、ユズのちょっかいはなくなった。
代わりにアオイの方が、ちょっとしたことでいちゃもんをつける。

蒸し返す

ケンカのきっかけ


テーブルの下のホットカーペットで仲良くぬくぬくしているな、と思っていたらアオイがユズをけん制し始めた。

ムッとする猫

手を出すメス猫


ユズは最初は我慢しているのだが、根がお子ちゃまなのですぐに「なんだよぅ!」となって小競り合いが勃発する。
アオイは自分の体より2倍大きいユズに果敢に挑んで、絶対に引き下がらない。

小競り合い


滅多にないけど、ユズが本気で切れそうな気配を見せると、止めに入ることがある。

困ったもんだ。

 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com