猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

初めてのゴロゴロ

 

警戒心のある顔
来たばかりの頃のアオイ。心を許していない顔してる。

 

悩み

 

アオイが来てから半年の間、私はずっと悩んでいた。
アオイが私たちに心を開いているのか、わからなかったからだ。

 

来た翌日からアオイは私の足元で寝たし、膝にも乗ってきた。
でも撫でようとすると時々、姿勢を低くしてするりとかわすことがあった。

低い姿勢をとる猫


これって嫌だという意思表示だよね、と思ってはへこんだ。

もちろん素直に撫でられて、嬉しそうにしていることもあった。

でもある時、私はひとつの法則に気づいた。
アオイの食欲が落ちて吐いたりするときに、膝に乗ったりふとんに入ってきたりすることが多いのだ。

だから、甘えん坊の時は「具合悪いのかな?」と心配になった。
今思えば、体の不調で解けきれてない警戒心が押しやられて、本来の甘えん坊な性格が出てきていたんだろう。

 

悩む飼い主


うちがアオイの里親になって良かったのか?
保護主さんのところにいた方が、幸せだったんじゃないだろうか?
ずっとその考えが頭から離れなかった。

 

ゴロゴロ

 

アオイはゴロゴロ言わない猫だと思っていた。
ゴロゴロ喉を鳴らしているのを、聞くことはなかったからだ。

 

アオイが来て半年ほど経ったころのこと。
廊下から三太の呼ぶ声がした。

夫の呼ぶ声


行ってみると三太がアオイを撫でている。

猫を撫でる夫


「ドア閉めて」と三太が言った。「ユズがこっちに来ないように」ユズは何かと聞きつけて邪魔をするからだ。

「どうしたの?」と聞くと三太は言った。「アオイがゴロゴロ言ってるんだよ」
耳を澄ましてみたが、聞こえない。
「すごく小っちゃいから、もっと耳近づけてみて」と三太。

アオイの顔に、ぐっと耳を近づけた。

耳を猫に近づける


すると、とても小さな可愛いゴロゴロが聞こえたのだ。
あぁ!アオイがゴロゴロ言ってる!


その時ユズは・・・。

隣で騒ぐ猫


ドアの向こうで「開けろ開けろ」と騒いでいた。

 


幸せ

あの時の感動は忘れられない。

その頃から、アオイから遠慮とか警戒がなくなっていって、いつもストーカーのように張りつきナデナデを要求するようになった。
こちらから撫でようとして、するりとかわされることもなくなった。

 

ハロウィン集合写真

 

先日のハロウィン、にゃにゃにゃ工務店さんが猫さんの集合写真を作ってくれた。

 

junemutsumi.hatenablog.com

 

うちの3猫(おむすび、アオイ、ユズ)を見つけた時は嬉しかった。
にゃにゃにゃさん、ありがとうございます!

 

 

トレーナーに潜り込んだ猫
すっかり甘えっ子になったアオイ。三太のトレーナーに潜り込み顔を出してる。

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com