猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

窪みを狙う猫

 

潜った猫
この手がなんとも言えない

足の間が好き

 

アオイは足の間が大好き。

足の間に挟まるのが好きな猫って多いですよね?

 

アオイが膝に乗ってくると、足をずりずりと開いて、間にアオイを落としてあげる。
私の足にはさまって、アオイはご満悦だ。

 

足の間は落ち着くのか、立ち去る気配は一切なし。

毛づくろいして、くつろいで、立ち上がったと思ったら座り直しただけ。
またまったりして、寝る。

寝る猫


寝たら大きな物音でもしない限り、なかなか起きない。

 

夜だけは勘弁

 

夜、さて寝ましょうと、ふとんで横になった。

疲れたなぁ。
あくびが出る。

 

あくびする女


すぐにでも寝られそう。

 

その時、ベッドの足元にトンとなにかが飛び乗った。

飛び乗る猫


アオイだ。
猫がやってくると嬉しいけど、疲れてる日はちょっと複雑な心境。


そして、私はだらしなくおっぴろげていた足を慌てて閉じる。

焦る飼い主

足をくっつける


アオイが来る前にくっつけておかないと、速攻で場所取りされる。
足の間が大好きな猫ですから。

 

座ってる時はいいんですよ。
ちょっとくらいトイレも我慢しましょう。

 

でも、寝てる時に足の間は勘弁してほしい。

足の間で寝られると、寝返りが打てなくて体がバリバリになってしまう。
それに私は寝相が悪いから、猫を蹴とばしたり潰したりしたらどうしよう?と思うと寝られやしない。

 

アオイが私の足の前で、歩みを止めた。

歩みを止めた猫


足もとから、いぶかし気な空気。

それでも一応乗ってみようと思うらしい。
乗れば窪んで、居心地のいいベッドに変わるかもしれないわ、と。

足に乗る猫


ここは我慢比べだ。


足の上にアオイの体重を感じながら、心を鬼にしてぎゅっと足に力を入れる。

ここで負けたら、今晩は眠れなくなるかもしれない。
明日は睡眠不足で、使いものにならなくなる。

足の上の猫
不満な猫

 

しばらくして、アオイがごそごそと動く気配。

足から降りたみたいだ。

そーっと頭を上げて見てみると、ベッドの隅っこに移動して丸くなっていた。

移動して寝る猫



ゴメンね。
アオイ。

寝てる時だけは勘弁ね。

たまに、寝ている間に夜中に知らないうちにアオイが足の間に入っていた、なんてこともありますが。 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com