猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

魔のキャビネット

跳躍の前
華麗なる跳躍なるか

アスパラで愛情を計る

 

いきなりですが、アスパラって美味しいですよね。

 

私はスーパーでアスパラを見かけると、かなりの高確率でかごに入れるアスパラ好きなのだけど、この前愕然としたことがあった。

 

テレビの料理番組で、アスパラのはかま(茎についてる三角の葉っぱみたいなやつ)をとらずに調理してるのを見たのだ。


私はこの人生ウン十年もの間、はかまをせっせと取り続けてきた。

モヤモヤするから調べてみたら「アスパラのはかまは基本取りません・・・」とある。(!)

 

早速はかまを取らずに(なんと楽ちんなことよ)炒めて食べてみたら、食感には全く問題なしだった。

めんどくさいワね」と思いながらはかまを取り続けてきたこのウン十年、総時間にしたら時間単位かもしれないぞ。

 

ところでアスパラの美味しいところはやっぱり穂先だ。
柔らかく香りもよく、ほんのりと甘い。

だからガサツな私も皿に盛る時は、ちまちまと穂先の配分を考える。
美味しい部分をどれだけ自分じゃなく相手に差し出すか、まさに家族への愛情のバロメーターだよな、と思う。

遥か昔の新婚の時は、6:4の割合で三太の皿に穂先を投入していたよな。
でも今は、5:5。

穂先が奇数だったらどうするか?
(仕方なく)3:2で三太に多く盛っている。

 

私って偉い?
それとも普通?

 

飛び乗らずにはいられない

 

見上げる猫


猫は、乗れそうなものにはとにかく乗ってみないと気が済まないらしい。

本、スマホ、新聞など、乗ってほしくないものには、嫌がらせかと思うくらい好んで乗る。

 

あと高いところに飛び乗るのも大好き。

だから私は、猫をベランダに出すことが怖くてできない。
絶対手すりの上に飛び乗ると思うから。

 


キッチンにあるキャビネット。

まぁ、ここにはさすがに乗ろうなんて思わないよね。
幅5センチしかないし。

 

仲間の猫からの忠告

苦い思い出


それは、過去を遡ること、??日前。

 

いけると踏んだ猫


わずか5センチなのに「イケる」と踏んだアオイ。

猫も目測を誤るか?

 

跳躍の直前


やめときな。

 

扉に激突した


アオイの頭は扉のガラスに激突。

ゴンッという音と同時に、「ぴゃぁ!」と叫んですぐ床に着地。

 

ふらつく猫


きまり悪そうに、ちょっとふらつくアオイだった。

 

同居猫への忠告

 

まぁとにかく、チャレンジ精神がすごいのだけは認めてあげましょう。


キャビネット

この白い狭い部分に、果敢にチャレンジしてました。

 

 

 読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com