猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

昨日の敵は今日の友 おむすび編129

 

どうぞ、の時
どうぞ、の時

最近の目標

 

昨日の敵は今日の友。
これが逆になると、昨日の友は今日の敵。
すごく哀しい感じになってしまう。

 

 授業で読んだ平家物語の冒頭、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」を思い出す。
その頃はぴんと来なかった。
今は、深くうなづける。

良いことも悪いことも全ては無常。
良いことは変わらないでと、悪いことは早く変わってくれと、都合よく思うけれど全ては変わっていく。

良い変化で思い切り喜ぶのはいいけど、悪い変化でどっぷりと思い悩むのではなく、のらりくらりと受け流していけたらいいのに。
とりあえず最近は、それを目標にしている。

全くできてませんが。


ブラッシングの目標

猫をブラッシング


私はできるだけ毎日、猫のブラッシングをするようにしている。
毎日を目標にすれば、サボっても3日に1回はできる。
これを3日に1回の目標ににしたら、たぶん1週間に1回になってしまう。

猫の方の都合もある。
おむすびはブラッシングが好きな方だが、やはりブラッシングの気分じゃない日はあって、ひと掻きしただけで嫌な顔をすることがある。
そんな時は即刻中止にする。

ブラッシング気分の時は、ゴロンと横になって「どうぞ」という感じになる。

よしなに、の時


ここそとばかりにファーミネーターでかきかき。
換毛期にはごっそり抜けて、両手いっぱいの収穫だ。

ブラッシングの後にはあちこちに毛がフワフワしている。
カーペットにも薄く積もる。
ここでコロコロの登場。

コロコロ登場


コロコロは素晴らしい。
コロコロの特許有効期限、通常の20年じゃなくて30年くらいあげてもよかったんじゃないか?特許庁。

最初コロコロを見た時のおむすびの反応は、警戒そのものだった。
ゴロゴロと音を立てて、行きつ戻りつしながら近づく白いローラー。

足を引っ込める

凝視しながら、足を引っ込める。

粘着力がなくなったのでビリビリとテープを破って、おむすびの前に置いてみた。

おむすびはこわごわと前足を伸ばして、ちょいちょい。

ちょっと触ってみる

べたべたする

嫌悪感


嫌だよね。

ご立腹の猫


思った通りの反応だった。


数日後、トラウマになってないかと心配しながらも、またコロコロを持っていく。
おむすびはいぶかし気に見てはいるが、逃げはしない。

警戒する猫


今度は粘着力が弱い状態で置いてみたら、さほどベタベタしてなくて少し安心した様子。

そして最後の仕上げにコロコロで取り切れなかった毛を回収。
嫌がらなかった。

コロコロで毛をとる


昨日敵だったコロコロは、めでたく友に昇格したのだった。

コロコロの発明者、ほんとにすごいな。


おむすび編130に続きます 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com