猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

昨日の余韻

 

二匹の猫


三太と「最近マタタビあげてないよね」という話になり、早速猫たちにマタタビを振るまうことになった。

 

マタタビの宴

 

うちが使っているマタタビは、粉のタイプだ。

三太がお皿にマタタビ粉をパラパラと入れると、猫たちが久しぶりのマタタビの匂いを嗅ぎつけて騒ぎ出した。

三太がキッチンマットの上でマタタビをあげようとしているようだったので、私は釘を刺した。

釘をさす


粉のマタタビは、いつも興奮したユズの鼻息で宙を舞い上がり、カーペットの根元に潜り込む。
そしてそのマタタビの匂いに、猫たちは何日も反応し続ける。

ただでさえ、キッチンが大好きで侵入を試みる猫たち。
これ以上、入り浸りになったら私が困る。

三太はお皿を持って、別の部屋へアオイとユズを誘導した。

はしゃぐ猫たち


2匹はうれしそうに、キッチンを横切っていった。

マタタビの余韻でもうひと騒ぎ

 

翌日、いつものようにアオイがリビングのドアを開けろとうるさい。
「寒いからさ、この部屋でぬくぬくしてようよ」と私。

命令する猫


でもアオイは譲らない。
お世話係の私は、仕方なくドアをあけた。

寒いから心配でついていくと、アオイは昨日マタタビで興奮していたマットの上で立ち止まった。
そこへ寝ていたはずのユズもやってきた。

こういう時、ユズは楽しそうなことを絶対見逃さないんだよね。

マットに匂いを嗅ぐ


二匹でマットをくんくんしている。

普段は仲がいいとも思えない2匹だけど、こういう時は結託する。
マタタビの匂いを探し当てて、昨日の余韻を楽しんでる。

マタタビに酔う猫たち


だいたい、マタタビの余韻は2,3日くらい楽しめるらしい。
いくら掃除機をかけても、根元に入り込んだ粉は吸いきれないみたいだ。

2匹はゴロンと横になったりマットを舐めたりしている。

またたびにうっとり


私は寒いので、二匹のことは放っておくことにして、リビングに戻った。

アオイとユズは、なかなか帰ってこない。
見に行くと、まだしつこくやってた。

 

まだ取り込み中



まぁ、数日は楽しませてあげましょうか。

 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com