猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

猫への思い、今昔

2匹の猫



生き物を飼う資格のない人

 

冒頭に不愉快な話で申し訳ないけど、長崎のゴミ捨て場に捨てられていた、4匹の仔猫のニュースを見た。

 

テレビで動いている画像を見たが、まだ目もあいていないようだった。
仔猫にはまだへその緒がついていて、生後2,3日と推定されるとのこと。

 

news.yahoo.co.jp

 

出産時の毛布と見られる毛布や、レシートなどの普通のゴミと一緒に入れられていた。

そのゴミ袋はゴミカゴの底に置かれ、上にはいくつもの他のゴミ袋が積み重なっていたという。

テレビのニュースでは言及されなかったが、4匹のうち2匹は死んでしまった。

 

命をなんだと思っているのか?


こういうことをする人には一度、ゴミと一緒に袋に入ってもらいゴミ収集車を待つ、という体験をしてみていただきたい。

 

人生前半、興味なし

 

若い頃は、猫に無縁の生活を送ってきた。

飼ったことがあるのはカナリアくらい。
そのカナリアが、家に忍び込んだヘビに飲まれた(と推定された)時は、心の底からヘビを憎んだ。

おっと、話がそれた。

とにかく猫といえば、あまりに有名なペルシャか、サザエさんに出てくるたまくらいしか思い浮かばなかった。


だからノラ猫に出くわしても、一瞥して終わり。

ノラ猫を見つける


とにかく興味がなかった。

ノラ猫とすれ違う


人生後半、下僕

 

今は、猫という猫が気になる。

外を歩いていて、ノラ猫を見かけるとまず足を止める。

ノラ猫に足を止める


頭をいろんな思考が駆け巡る。

痩せてないか?
ゴハンはきちんと食べられているのか?
耳カットはしているのか?
何歳なのか?
お腹に赤ちゃんはいないか?

じっと注がれる視線


じっと注がれる不躾な視線に、猫もメイワク顔。

私が立ち去らないので、猫の方が逃げ出すこともある。

逃げ出す猫


どこかのお宅の窓に猫の姿が見えるとうれしくなって、急いでなければやっぱり立ち止まる。

猫を見つけた


出勤時には、歩きながら見ている。

見上げながら歩く

振り返ってみる

つまづいた人


だから前方不注意になったりもする。

気をつけましょう。

 

それから、猫好きが高じるあまり猫カフェに行った日は、頭のてっぺんからつま先まできちんとシャワーを浴びてから、うちの猫のごきげんをとりましょう。

でないと、怪訝な目で見られます。

 

怪訝な顔の猫

 


話は捨てられた仔猫の話に戻るけど(ムカついてます)、命の大切さは学校でも家庭でも、教われるはず。

 

軽い気持ちで飼い始め、簡単に捨てる行為。
動物愛護法違反という犯罪です。

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com