猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

手っ取り早く心を軽くする方法

 

隠れる猫
「通りかかったら、おどかしてやるんだ」と企んでいる

 

仕事のストレスや会社での人間関係などで、毎日のストレスって溜まっていく一方。

イライラする女


ましてやこのコロナ禍、閉塞感で心がずっしりと重くなることがある。

 

 

音楽

 

料理する時、よく聴くのはAmazon Music。
でもうちでは、同時にふたつの端末でAmazon Musicを使用することはできないので、他の誰か(うちでは三太)が使用中だと聴けない。


そこで最近は、radikoを聞くことにした。
よく聴くのが、ラジオNIKKEIの「RaNi Music♪」。
コンセプト通り「ず~っと音楽、ほぼトークなし」だ。

www.radionikkei.jp

 

洋楽も邦楽も、ランダムにいろんな曲が流れてくる。
初めて聞く曲で、いいなぁと思うとぱぱっとプレイリストを開いて、アーティスト名をチェックしたりする。

 

音楽ってすごい。
一瞬で別の次元に連れて行ってくれる。
どっぷりと、そのサウンドの世界に浸ることができる。

 

踊る

 

アホだと思われるだろうけど、たまに懐かしい曲や大好きな曲が流れてくると、私は踊る。

部屋に私ひとりの時に限ります。

踊る女


リズムに合わせて体を動かすことはストレス解消にとても有効、と何かで読んだけれど、本当にその通りだ。

さっきまで、心の中に重苦しく沈んでいたなにかが、ぱぁっと晴れていく。
まぁ、いいや、ケ セラ セラ、みたいな。

但し、猫から白い目で見られるのは必須だけど。

 

びっくりする猫

慌てる猫

慣れっこの猫


とにかく、猫を蹴とばさないよう注意は必要だ。


郡上踊り

 

8月のお盆の頃に、郡上八幡へ郡上踊りを見に行ったことがあった。
それはちょうど、朝まで夜通し踊り続ける徹夜踊りの時で、一番盛り上がる時だった。

宿に着いて受付でチェックインを待っていたら、同時に着いた年配の女性から「どちらからいらしたんですか?」と声をかけられた。

それをきっかけにぽつぽつと会話が進み、ふいにその女性から「今日は踊るんでしょう?」と言われた。
「いえ、見るだけです」と答えると、「せっかく来たのに踊らないの?」と女性は目を見張った。

 

夜に郡上踊りが始まり、見物客が次々と飛び入りで踊りの輪に入るのを見ながら、私は心の中で踊ろうか、やめとこうかを繰り返し、結局踊らなかった。

今思えば、なにを躊躇することがあったのか?と思う。

誰も私のことなんか見てやしないのだ。

 
今度行く時には、カッコ悪くてもなんでも踊ろう、と心に決めたのだった。

 

企む猫

 

ふとんや脱ぎ捨てた服の下には、猫が潜っていることがある。

 待ち構える猫

近づいてくる足音

大きくなる足音

ビビる猫


気をつけます。


読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com