猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

偏食猫が療法食にトライしてみた話

 

ソファにて
こう見えて頑固なんです


猫の偏食に悩む

 

偏食の猫ちゃんっていますよね。
うちのアオイも、まさしく偏食中の偏食です。

 

基本的に食べず嫌い。
限られた好みのフード以外は食べない。

小食なアオイのために、たくさんのフードを試してきた。
そして、やっとたどり着いたのがアカナのシーフード味。

同じアカナのチキンは食べない。
もしこれが販売中止になったらどうしよう?また一から探さなくちゃいけなくなる。

まぁ、その時はその時か。

アオイの口に合う希少なフードが見つかったのは嬉しかったが、我が家のフード代は跳ねあがった。


一方人間の食事は、米はブレンド米、割高なお惣菜は買わず、スーパーで少しでも安い食材を買ってせっせと手作りだ。

人間よりも猫の方が高級品を食べている。

 

ある日の先生からの提案

 

前々回の記事で、アオイが毎月通院していた頃の話をしたけれど、今回もその頃のお話。


すっかり病院の常連になってしまったアオイが退院した時のこと、食べられなくなる原因を突き止めることができずにいた先生が「療法食に切り替えてみませんか」と提案してきた。

先生の提案


「切り替えて食欲が安定する可能性もある」というのだった。

投薬するのに、動物病院のスタッフさえも手こずらせるアオイ。

その神経質さは先生も十分理解してくれているが、どれだけ食に難しい猫なのかということまでは、わかってないんだろう。
まずそれを食べてくれるかどうかが、最大の難関なのだ。

偏食な猫

帰りたがる猫



それでもやってみることにした。
最初からあきらめてはいけない。

 

病院で嗜好性の高いフードを教えてもらい購入した。

 

帰ってすぐにあげてみた。

お皿を前に、アオイは怪訝そうな表情。
その様子を、息をつめて見守るお世話係。

 

怪訝な表情の猫


そして匂いを嗅いで、あっさり猫またぎ。
やっぱりね。

仕方ないから、夜までにお腹を空かせてもらおうか。
今すぐ食べてほしいのはやまやまだけど。

夜にもう一回、療法食を出してみた。

拒絶する猫


もう見向きもしない。

こうなるともう絶対食べないだろう。

頑固な猫


そう、アオイの頑固さは筋金入りなのだ。

私たちの心は簡単にぽきっと折れて、すぐにいつものゴハンをお出しした。

根負けした人


それを食べるアオイを見て、どんなにホッとしたことか。


安堵する人

 

猫ががつがつごはんを食べてくれるのは、当たり前のことじゃない。

とってもありがたいことなのだ。

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

 

www.daidaiebine.com