猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

猫穴

添い寝
寝ている時は天使

 

気がつかなかった穴

 

先日、三太に「背中に猫穴があいてるよ」と指摘された。
ええ?!

 

教えてくれる夫


服を脱いで見てみると、背中に小さな穴が開いていた。

 

猫穴、それは猫によって開けられた穴のこと。
(一般には使われておりません)

 

背中をバリバリする猫

 

暑くなって薄着になると、さすがに猫もバリバリは控えるか、爪の出し方を加減してくれる。

そういえば、最近ユズにマイルドなバリバリをされたような記憶が・・・。

 

近頃は、すっかりわがままが板についたユズ。
特に寝起きはわがまま放題だ。

構って!なにかちょーだい!の催促がすごい。
で、テキトーに相手をして終わらせると、背中や腕をバリバリやられる。

 

さて話は戻り、この穴は一体いつから開いていたのか?
そして果たして今日まで、私はこの服を着て何回外出したのか?

思い出そうとする人


よく思いだせないので、もう考えるのをやめた。
たとえ誰かがこの穴を見て「貧乏ったらしい女だな」と思ったって、ええい!もう構わんわっ。


教育を間違えた?

 

人の服にバリバリ爪をたてるのは、ユズよりアオイが先に始めた。

 

靴下で爪をとぐ


アオイの爪は細いから、食い込む痛さもひときわ。

靴下でバリバリやられるのは、すごく痛い。

パンツに爪を立てられるのも、それなりに痛い。

 

抗議する猫


「やめてぇー」と言うと、やめてくれるけど。

 

 

靴下は、穴があいていても靴を履いてしまえばバレない。
だから猫穴つき靴下は、捨てられることなく増えていく。

 

靴下の穴


三太の持っている靴下は、生地の厚いものばかりだ。
猫のバリバリ対策なのだそう。

 

夫と猫

 

こればっかりは、ビシッとしつけをするべきだったか?
甘々にしてきたツケが、回ってきてる?

今更、遅いけど。

 

まぁとにかく、悪いのは伸びた爪なのだ。

分厚い靴下だろうがジーンズだろうが、爪切りをサボっている爪でバリバリされると痛いのなんの。

 

 

結論、

爪切りは、まめにやらなくちゃいけません。

 

猫の爪を切りたい人



読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

 

www.daidaiebine.com