猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

猫との縁

 

ノラ猫だった猫

 

11年前の8月のちょうど今ごろ、前の飼い主に捨てられて外をうろついていたノラ猫を保護して家族にした。

それがおむすびだ。

 

おむすびが猫エイズを発症して天国へ旅立つまでの思い出は、私たちの宝物。

今でも、おむすびはずっと私たちと共にいる。
 

うちをホームに決めた猫

 

とにかく人懐こい猫だった。
食べ物をねだって、もらえるとわかると玄関に住み着いてしまった。

もう夏が来ようとしていた。

 

夕方会社から帰るとだいたいおむすびは、玄関の階段の上にちょこんと座って待っていた。

玄関の猫


周りには蚊がブンブン飛び交っていた。
それを見るだけで、私は辛い気持ちになった。

 

ごはんをあげた後は、またひとしきり甘えてお腹を見せたり頭突きしたりした。
撫でてブラッシングして、さて家に入ろうと腰を上げると、おむすびはドアの前に立って通せんぼ。

 

通せんぼする猫


そのおむすびを残して家に入るのもまた、ちょっと辛いものがあった。

 

押しかけ女房、家に押し入る

 

ある日夕食の支度をしていると、ドアの開く音がした。

帰ってきた三太の声が聞こえた。「だめだよ」
誰か連れてきた?


見に行くと、おむすびが玄関の中に入ってキョロキョロしていた。

玄関に入ってきた猫


あっと言う間に三太に抱え上げられて、ドアの外に出されていた。

「この猫、家に入りたいんだな」と思った。

 

そしてその夏、私たちはおむすびを迎え入れることに決めた。

まずは病院へ連れていこうとキャリーを用意し、逃げられないように玄関の中で捕獲することにした。

いつも細くしか開けない玄関のドアを、その日は大きく開け放った。

 

「さぁ、お入りなさい」


いつもだったら外で食べるのにと、さすがに戸惑い気味のおむすび。

それでも奥にあるエサのお皿に気づくと、まっしぐらに入ってきた。

 

今日から家族

 

病院から帰って、家の中でキャリーを開けた。

戸惑う猫


おむすびはキャリーからひょこっと出てきて、家中を探索して回った。
調理台やガス台をくんくんしている横顔が可愛かった。

 

探検中の猫


それが終わるとリビングで、私たちの傍らで寝た。
その時にはもう、前からこの家に住んでいるような落ち着きようだった。

 

猫とソファで

愛しい猫

 

そして、いつもお腹を空かせた毛並みの悪かったノラ猫は、私たちにとってかけがえのない存在になった。


あれから、もう11年が経ったのか・・・。

 

www.daidaiebine.com



今でも、おむすびとの縁について考えることがある。

犬を飼いたいと思っていた我が家に、なぜ猫のおむすびが来たのか?

 

眠る猫

 


もしおむすびと出会わなければ、アオイとユズを迎えることもなかったと思う。


偶然であれ必然であれ、

うちに来てくれてありがとう、おむすび。

 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

 

www.daidaiebine.com