猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

だっこ嫌い

寝ている猫
こういうのを見ると、忍び寄りたくなる

もう退職してしまったけど、会社の同僚で猫を飼っている人がいた。

 その人は「うちの猫、膝には乗らないけどだっこは好きなの」と言っていた。
「どのくらいだっこしてるんですか?」と聞くと「10分くらいすると気が済むみたいで、降ろせって言うわ」

 

いいな~いいな~。
私もあのふわふわして、あったかくて毛むくじゃらなやつを抱っこしたい。


うちの猫の場合

 

うちの猫は、だっこが嫌いだ。

 

 見上げる猫


アオイが甘えたそうな顔して、こっちを見てる(ような気がする)。


なんですか?と聞くと、サイレントニャー。
声は聞こえないけど、口がニャーと言っている。

やっぱり甘えたいんだなと勝手に解釈して、アオイをひっつかまえてだっこしてみる。

 

猫をだっこする


すると、腕の中でオタオタし始める。
落ち着かず、やたら降りたがる。

 

猫をだっこする


地に足がついていないから怖い?
自分をを落とすんじゃないかと、私を信用してないの?

 


そしてユズもだっこが苦手だ。


三太がユズをよいしょと抱き上げる。

 

猫をだっこする夫

 

それにしても6㎏近い猫を抱き上げるのを見ると、背中のあたりがザワザワする。
考えただけでも、腱鞘炎が再発して手首が痛くなりそう。


三太は、満面の笑みでユズに頬ずり。
幸せそうでなにより。

 

幸せそうな夫


一方ユズは、あんまり幸せそうじゃない。
恐ろしいくらいの真顔で、三太からぐぐっと頭をそらす。


更に首を傾けて、頬をすりすりする三太。
負けじとそらすユズ。

 

嫌がる猫


ユズ、三太のこと大好きなのにね。

だっこはダメなんだよね。


仕方なく三太はユズを下ろすが、懲りることなく時々だっこを試みている。
いつかは慣れて、頬ずりを返してくれるんじゃないかと期待しているのか?

 

だっこはできないけれど

 

代々だっこが嫌いなうちの猫たち。
できることなら、ぎゅっと抱きしめてみたい。

ふつふつと湧き上がる気持ちを抑えきれなくなると、私はテーブルの下でリラックスしているアオイに忍び寄る。

撫でながら覆いかぶさるようにして、アオイの背面に頬をよせる。

猫に覆いかぶさる


アオイはゴロゴロ言う時もあれば言わない時もあるけど、とにかくこれは嫌じゃないらしい。

 


ユズと一緒に寝ている時もチャンスだ。

猫と寝る


ぎゅっとはできないけど、猫の暖かな体とモフモフを感じることができる。

 

あ、そうそう。

この時、猫の後頭部にチューするのも忘れません。

 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com