猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

猫から見た 理想の飼い主は?

二匹の猫
アオイ「言いたいことは、いっぱいあるにょよ」
ユズ「前に同じ」

 

猫の言い分、私の言いわけ

 

猫にとって、理想の飼い主でありたい、と思う。
猫の言い分、こっちの言い分、それぞれですけども。

 

ユズ「えびねはケチなんだ。だってお腹いっぱいになるまで食べさしてくれないもん」
アオイ「せっかくあたしが食欲モリモリの時も、おかわりは出してくれにゃいわ」

 

お代わりの要求


ユズは放っておいたら、おデブになるまで食べちゃうからね。

それに、満腹まで食べたら吐くじゃないですか?
吐くと体に負担もかかるし、特にアオイはよく吐く猫だからできるだけ吐出は避けたい。

 

ユズ「ボクたちを置いて出かけちゃうの」
アオイ「どこかで浮気してるんじゃにゃいかしら」

外出する人


ずっと一緒に居てあげたいけど。

ただ、旅行に行く時は申し訳ないって思う。
ここ2年近く、全く行ってないけれど。

 

アオイ「えびねはバクダンを持ってるみたい。時々おっきな音がするもん」

 

ものを落とした人


ドジでごめんなさいね。
驚かせないように気をつけます。

 

ユズ「せっかく楽しいのに、追い出そうとするんだ」

キッチンから猫を追い出す


当たり前でしょ。

キッチンは危険がいっぱいなんですよ。
火、包丁、床に落ちた玉ネギのみじん切りなどなど(掃除せいって?おっしゃる通り)。

 

アオイ「なでなでのタイミングは合格だけど、どこか上の空にゃの」

猫を撫でる人

不満な猫


ほかのことを考えてるのは、猫もお見通し。
やたら忙しがってるのは反省点でしょうか。

 

ユズ「嫌なことするんだ、ひどいよ」

 

爪切り前の猫と飼い主


歯磨きと爪切りは、やらないとあとあと大変なことになるんだよ。

君たちのためだ。
わかってほしい。

 

ユズ「ボクのシッポを盗もうと狙ってるみたいだ」

猫のシッポを踏む


シッポ、もらえるなら頂きたいくらい大好きなパーツ。
でも猫にくっついていて、あの優雅な動きをするからこその愛おしさ。

ところで、踏んでくださいとばかりに尻尾を投げ出してるのは誰ですか?

 

アオイ「あと、蹴とばされるとショックだわ」

猫を蹴とばす


まぁ猫と暮らすなら、いつも下を見てるのが常識ですもんね。
これも反省点かな。

でも、できたら前に回り込まないでほしい。

 

 

猫のためを思うからこそ、猫が思うような理想の飼い主から遠のくことも。

だけどアオイとユズのこと大好きだってことで、カンベンしてくれませんかね?

猫が大好き


わかってくれてるよね?

たぶん。

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com