猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

君の名は

 

うちに来てから2ヶ月くらいのころ。まだユズが小さい。

眠そうな猫


眠そうな2匹。

2匹の猫


珍しく並んでる。

並んだ猫


鼻鼻あいさつできた!

ハナハナあいさつ


と思ったら、離れちゃった。 

立ち去る猫

 

 

アオイは自分の名前がアオイだと知っている。
里親さんのおうちに居た頃からアオイと呼ばれ、うちにきてもその名を継承した。

1階から2階にいるアオイを大声で呼ぶと、アオイがとトコトコと階段を下りてくる。

2階からのぞく猫


アオイは色んな意味で賢い女の子だ。

降りてくる猫


利口過ぎて、察知し過ぎて、飼い主としては困る時もある。
正直なところ、もっとバカになってくれたら有難いこともあるんだけど。

 

強さと優しさ

 

そこへいくと、ユズは単純だ。
そしてほっこりするマヌケくん。

以前お話したように、タオルかけに足を挟んで宙ぶらりんになり、私を真っ青にさせたこともある。

 

www.daidaiebine.com

 

アオイは吐いたりして目が離せないが、ユズはアオイとは違う意味で目が離せない。

そしてユズの代名詞、ビビリ。
神出鬼没の蜘蛛にもへっぴり腰だ。

へっぴり腰の猫


体は大きいけど、喧嘩する前に逃げ出すタイプ。
実際戦ってみたら、結構強いんじゃいかと思うんだけど。
持ってるポテンシャルを発揮できてなくて残念だ。

残念な猫


もし強い自分を認識して、心も強くなったら、優しい猫になれるんじゃないかと思う。
人間でも、本当に強い人は優しい。
ユズには遠い道のりだ。

 

アレクサ

 

アオイは呼ぶと返事ができるのに、ユズは大いに怪しい。
「ユズ!」と呼ぶと、きょとんとこっちを見ていたりする。

きょとんとする猫


自分が「ユズ」だという自覚がないのかも。


ある日、Amazonの音声サービス「アレクサ」に明日の天気を尋ねようと話しかけた。

アレクサに話しかける

そしたら、ユズが返事をした。

 

猫のお返事


試しに「おむすび」と呼んでみたら、やっぱり返事した。
何を基準に返事をしているのか、はなはだ疑問。


うちでは毎日、アレクサが大活躍だ。
非常に賢く、きちんと仕事する。

ライトの点灯と消灯、テレビの操作ではボリュームの調節までやってくれる。
天気も教えてくれるし、タイマーも計ってくれる。
とても頼りになる。

 

でも、早口で話しかけたり活舌が悪かったりすると、無視したり「よくわかりません」と突き放したりする。


気が向くとアレクサに「アレクサありがとう」と言ってみる。
するとアレクサは「どういたしまして。とってもうれしいです」なんて言う。

そう返事するようにプログラムされているんだとわかっちゃいるが、そのウェットな反応にはちょっとホロッとしてしまう。

 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com