猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

猫がふとんの中でカキカキ

猫どアップ
アオイ「文句は言わせにゃいわ」



質の良い睡眠をとりたい

 

この暑さで寝苦しい夜が増えてきた。

 

睡眠本、スタンフォード式「最高の睡眠」では、室温のコンディショニングは大事だと説いている。

 


睡眠中の熱中症対策として、水分補給や吸水性のよい寝間着や寝具対策も大切だが、「室温」と「湿度」の調節は更に重要らしい。

適温には個人差があるが、室温が高すぎるのはとにかくNG。
熱中症だけでなく、過剰な発汗による熱解放で風邪をひいてしまうリスクも出てくる。


また、夢を見るレム睡眠時は脳の温度が少し上がるものの、脳を休めるためにも温度は下げた方がいいので、冷感枕などもおすすめなのだそうだ。
脳は冷やし、体は冷やさず、だ。

 

ただうちには猫がいるので、思い切って室温を下げるのも憚られる。
寒けりゃ寝室を出ていくかと思いきや、そう単純なものでもない。


体温が違う者同士が一緒に過ごすことのなんと難しいことよ。

我が家の試行錯誤は続く。

 

アオイの謎の行動

 

寝入りばな、私のベッドに飛び乗ったアオイ。
枕を踏んづけて、頭のあたりをウロチョロ。

髪の毛も踏んづけられて痛い。

うろつく猫


アオイは私の顔に、顔を近づける。

ちょっと鼻息荒くないですか?


鼻息はともかく、これはフトンに入れろということだ。


お姫様のために、フトンを持ち上げてあげる。

猫をふとんに入れてあげる


「よろしい」とでも言いたげに、フトンに入っていくアオイ。

潜っていく猫


ひょいと上がった小さなお尻とシッポが可愛いですね。

潜入した猫


すみませんね。

私の体の横を、しずしずと進むお姫様。
どこまで行く気か?

猫の目的地


なるほど。

想定内ですけど。

がっかりする猫


足はもう閉じてますからね。
まぁ、そうは簡単に問屋は下ろしませんって。


ここでアオイが、フトンをカシャカシャと引っ掻く。

ふとんを引っ掻く猫


けっこうな勢いで、回転も速い。
お陰で、うとうとしていた私は起きてしまう。


これは一体どういう意味なのか?

目がさえた人


一方アオイは気が済んだのかなんだか知らないが、私のふとももに体重をどっしりと預け、眠る態勢。

私の頭はしばらくの間、クエスチョンマークでいっぱいだ。

 

このアオイがよくする行動、実に謎なのです。

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

 

www.daidaiebine.com