猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

帰宅したら、まず猫さがし

 今週のお題「告白します」

カーテンから足
こうなると、アオイ捜索は難航します。

絵本「100万回生きたねこ」

 

実はいい歳をして、いまだに絵本や童話が好きだ。

絵本のページのをめくる時は、次はどんな絵があるのかワクワク、子供の自分に戻る。

 

小学校の頃は図書室が大好きだった。
そして未だに、学校の図書室の夢を見る。

夢の中で私は、好きだった児童書や絵本をさがしている。


うちの本棚には、猫の絵本が何冊かある。
「100万回生きたねこ」は、タイトル通り100万回生まれ変わった猫の話だ。



初めて読んだ時は、この主人公が猫じゃなくても良かったんじゃないの、と思った。
でも今は、猫でなきゃだめだと思う。

 

なかなか人に心を開かないところ、そして最後に自分より大切なものを見つける感情の豊かさ、はやっぱり猫だ。

 
ねこは100万回生まれ変わって、やっと本物の愛に巡り合う。

最後は切ないけど、じんとくる。

 

帰宅して、まずすること

 

うろつく猫


外出時には、よくスマホからWebカメラで猫の様子を確認している。
猫はだいたい寝ているか、ウロウロしてる。

いつもと違う様子がなければ、とりあえず安心。

 

これは、寒い時用にと購入したカボチャドーム。
これに入られると、カメラからは見えない。

カボチャドーム


窮屈感があるのか、評判は今ひとつ。
残念。

 

ドームに入る猫


夕方帰宅したら、すぐ手洗い(今はシャワー)して、それが終わったらまず猫さがしだ。

寝ている猫


猫の無事を確かめないことには、なにも手につかない。

猫の居場所はだいたい決まっている。
ユズはいつものコタツの中にいた。

コタツにいた猫


冬のアオイの定位置は、窓辺のベッドやキャットウォーク、テレビの裏に置いた猫ベッド。

だけど、どこにも居ない。

 

アオイの名を呼びながらさがし回る。

猫の名を呼ぶ


返事くらいしてくれてもいいと思うんだけど、返事をしてくれたことはない。

きっと、うるさいと思ってるんだろうな。

あくびする猫


珍しくカボチャドームの中にいた。

猫を見つける


いつもと違うところにいると、ちょっと心配になる。
ドームに手を突っ込んで、頭を撫でてみる。

アオイはお帰りなさいの代わりに、大あくび。
具合は悪くなさそうだ。

これでやっと、猫トイレのそうじや猫ゴハンのしたくにとりかかれる。

 

ところでこのカボチャドーム、ユズには狭いらしく、入っているのを見たことはない。

ユズ流に使うとこうなる。

カボチャドームを潰して使う

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com