猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

理由ある反抗 おむすび編82

鼻がむずむず

猫のくしゃみ


猫のくしゃみ

 

猫がくしゃみをすると、飼い主としては気になるものだ。

さっき見たばっかりだけど、もう一度顔を見に行く。

猫をみにいく

目がシバシバしてないか、鼻水垂らしたりしてないか、一応確認してみる。

  

猫を触ってみる


のびをするようにぐっと首を伸ばして、私のてのひらに頭をこすりつけてゴキゲンだ。

よしよし、問題なさそうだな。
これで、何度もくしゃみをするようだったら病院だけど。

 

ゴロゴロが止まる

おむすびは大の病院嫌いだ。
というより、多分猫はみんな病院が嫌い。
気持ちはよくわかる。
私も病院、大嫌いだもんね。

 

キャリーケースも嫌い

 

具合が悪くなくても、健康診断やワクチンで年に一度は病院に行く。
前回行ってから時間が経って、おむすびはキャリーケースに入れられたのをすっかり忘れて油断している。
のほほんとしているところを三太が捕まえて、キャリーケースへ運んでいく。


おむすびはキャリーケースに入る手前で、初めて事の次第に気づき抵抗を試みる。
ケースの淵に足をかけて踏ん張るので、私がおむすびの足をキャリーケースに押し込む。

後ろ足が入っても、今度は前足で抵抗だ。
するりとすり抜けて、ケースから飛び出そうとする。
「ゴメン!」と心の中で呟きながら、おむすびの頭と足を押し込んでケースの蓋を閉める。

病院へ向かう車の中で、おむすびはずっと鳴いている。
普段からおしゃべりだけど、ひっきりなしに鳴くので声が枯れるんじゃないかと心配になる。

キャリーケースの中の猫
ダイエットになるから、たまにハンストするのもいいかもね。

そして、病院の待合室でも鳴きやまない。
もう少しの我慢だってば。

鳴きやまない猫
 たまには別々に寝るのもいいかもね。

猫の車酔い

 

おむすびはよく車酔いする。
行きは鳴くのに忙しくて吐くどころじゃないのだが、家に帰った途端よくケロってしまう。
なので、家に着くとすぐには車から降りずに、しばらくじっとして落ち着いてもらう。

おむすびが少し静かになったら、家の中へ入る。
これで、リバースは少なくなった。


キャリーケースから出て、ここが自分の家であることを確認して回るおむすび。
確認し終わったらご褒美のおやつだ。

 

おやつを食べる猫


むしゃむしゃ食べて、食べ終わったら前足を舐めている。
満足そうだ。


じっと見ていたら、歩いてきてスリッとした。
怒ってないんだね。

根に持たないいい子だ。

 

頭をこすりつける猫


でも、本当はもっと怒ったり、理由なき反抗をしてもいいんだよ。

怒っても、反抗しても、家族であることに変わりはないからね。

おむすび編83に続きます

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com