猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

時計と猫

 

遊ぶ猫
大人になってからも「仔猫?」と言われるアオイの、仔猫時代。

 

仔猫の茶トラ
時を遡ると、こんなに小さかったユズ。

 

今夜は3年ぶりの皆既日食、そしてスーパームーン。

 
たとえ今晩のように大きくなくても、幻想的な赤銅色じゃなくても、夜道を歩くとき無意識に月をさがしていることがある。

見上げるたびに、月は静かにこっちを見返しているような気がする。

 

宇宙は壮大、日常は狭小

 

ユーミンは悲しいことがあると卒業アルバムを開くと歌っているが、私は悲しかったりイライラしたりすると、宇宙の写真集を開く。

  

 

1章では地球からの距離数百光年から始まり、最終章では130億光年離れた銀河までたどり着く。

銀河系は130億歳なのだね。


眺めていると、これほど美しくて畏れ多いものがあるのか、という気持ちになる。

少なくとも、目の前の理不尽な世界は忘れられる。


私は往生際の悪い人間なので、時計を巻き戻して過去に戻ってやり直せたらと、叶うわけがないのに考えてしまうことがある。

宇宙の歴史から見れば、人が生きる時間は一瞬にもならない。
私が見えている世界の大きさだって、一片の塵でさえないんだろう。

なにかに悩むたび、こんなのは些細なことだと笑い飛ばしたいけど、どうしても目先のことに振り回されてしまう。

自分のこじんまりとした世界を生きるのは、それはそれでとても大変なこと。

だけどせめて今晩は、月を見上げて宇宙に想いを馳せよう・・。
 

瞑想する猫

 

猫の世界は、人間の行動する世界よりさらに狭い。

でもたまに、瞑想しながら別の次元を旅しているように見える。

 

以前、リビングに置時計を置いていた。
それは薄っぺらい時計なので、倒されていることがちょくちょくあった。

犯人は、たぶん(当時仔猫だった)ユズなんだろうと思った。

時計を倒す猫


そこで私は、時計の置き場所を変えた。
テレビ台のガラス扉の中だ。

扉をぴったり閉めてしまえば、ユズも手を出せない。

 

その時計を大人になった今も、ユズがじっと見ていることがある。

じっとのぞく猫


なにがユズを釘付けにするのか?

動く秒針?

釘付けの目


それとも秒針の動く音?

 

聞き耳を立てる


思わず、ユズに声をかけたくなる。

 

声をかける人

しっぽで答える猫

邪魔しないで、って言ってる?

立ち去る人

猫と飼い主


ユズにはどんな世界が見えているのかな?
もう、気をひくのはやめておこう。

 

うちの猫は家から外に出ないし、たまに出ても大嫌いな病院に行くくらい。
そして関わりあうのは、私、三太、同居猫、時々ペットシッターさん。

 

家の中がすべて。

幸せになるか、不幸になるかは飼い主次第。

 

だからこそ、1日1日を大切に、ゴキゲンに過ごしてほしい。

 

 

瞑想する猫

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com