猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

包容力

リビングにて

 

猫の親子を見ると、包容力という言葉を連想する。

だけど親離れの時期になれば、母猫は子供に向かって威嚇したり攻撃をしたりして、親から独立させるという。

 仔猫にしてみれば、豹変した母猫に戸惑うばかりだろうな。
悲しいだろうな。

 

猫たち(特に野良猫)の多くは、こういう試練をくぐり抜けているんですね。

 

フェノミナン

 

話は変わって、ちょっとだけ映画の話。

包容力と聞くと、「フェノミナン」という映画が思い浮かぶ。

映画の内容は確か、気のいい平凡なお兄ちゃん(ジョン・トラボルタ)が突然あらゆる能力に目覚め、人生が全く違うものになってしまう、みたいな話。

主役のジョン・トラボルタのギラギラしたイメージが、この映画を観てガラリと変わった。
トラボルタのまとっている空気が、とても優しくふわっとしていたのだ。


映画は、なんだか切なく優しい後味だった。

エリック・クラプトンとベイビーフェイスの「チェンジ・ザ・ワールド」も、とても印象に残っている。


また観てみたいな。


優しく包まれると猫は

 

甘える猫


ユズは今日も甘えん坊。

腰をパンパンしたら満足してくれるかな?

 

腰をパンパンたたく


まだ足りない?

足りない猫


けっこうパンパンしましたよ?


持っていたバスタオルをふわっとかけてみた。


タオルをかける人


すると不思議、動かなくなる。

おとなしくなる猫


しばらくそのまま、タオルに包まれているユズ。
本当に寝てしまったのか?


そこへ忍び寄るアオイ。

忍びよる猫


「むむっ、怪しいものがここに!」


いつものように、ユズの安らかな時間をブチ壊しにかかる。

そっとしておいてあげればいいのものを・・。

 

匂いをかぐ猫


「頭隠して、シッポ隠さずね。」

まわりこむ猫


「そこに居るってわかってるにょよ。
出てらっしゃい。」

仲間を踏む猫


タオルから、もぞもぞとユズが出てきた。

すっかりご機嫌ななめになっている。

 

出てきた猫


アオイはユズが向こうへ行ってしまったので、ちょっとつまらなそう。

実はユズと遊びたかったのかな?

 

ひと眠りしたら、ゴキゲンが治ったりするのも猫の良いところ。

アオイもお昼寝して、起きたらまたユズを遊びに誘ってみたらいいかもよ。

 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

 

www.daidaiebine.com