猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

待ち遠しい缶詰の日

階段の猫



好きなウェットフード

 

うちの最近のウェットフードは、ほとんどが缶詰。
パウチはここのところご無沙汰してる。

 ゆずはたまの伝説が好き。

 

 
アオイはアルモネイチャ―が好き。

 

私が考える猫ゴハンは、カリカリ中心で時々ウェットフードというのが理想。

でも現実は理想と程遠く、ウェットフードが少ないと、水分補給が減ってしまい膀胱炎や便秘が心配になる。
逆にウェットフードが多いと、今度は口腔ケアが大変だ。

そして、うちの猫はウェットフードが大好き。

期待する猫たち


缶詰をあけると、カリカリだけの時の倍くらい興奮する。
上を下への大騒ぎだ。

待ち構える猫


毎日ウェットフードとカリカリを一緒にあげていた時期もあった。
最後にカリカリをポリポリと噛んでくれたら、歯にも悪影響はないんじゃないかと考えてた。

でも、ユズはブルトーザーのようにウェットフードを流し込んだあと、カリカリもほとんど噛まずに流し込むので、あまり意味がなかった。

今は、1日おきくらいで夜のご飯をウェットフードにしている。

 

シーチキンを開ける罪悪感

 
人間用のシーチキンなどの缶詰をキッチンであけると、あとあとめんどくさいことになる。

パカッという音を聞きつけて猫たちがすっ飛んでくる。
テーブルに登って、こちらを覗き込んでいる。

覗き込む猫


今日は缶詰?と期待いっぱいの顔。

期待を裏切ってガッカリさせるもの気が引けるので、缶詰は廊下であけるようにしてみた。

廊下で缶詰をあける


それでもパキッという音に敏感に反応する猫たち。
開けた缶詰を手にキッチンに戻ったら、目をキラキラさせた猫が待ち構えていた。

これからは、風呂場で開けることにします。

 

食欲のない時に

 

残してしまったカリカリ。

残った餌


ユズまで残してる。

ウェットフードが呼び水みたいになって、カリカリも食べてくれることがある。
アオイは食が進まない時、お皿にあと乗せするとぽちぽち食べてくれることも。

食の進まない猫


ユズは少しくらい残しても、ちょっとしたダイエットになるくらいで問題ない。
本当はあと乗せであげなくてもいいのだけれど、アオイにあげてユズにはあげない、なんてことはできない。

缶詰大好きな猫


そういうのをわがままって言うんだよ。

ユズはまんまとおこぼれにあずかって、大好きな缶詰にありついた。

満足そうな猫


とっても満足そうに前足をなめてますけど、今夜は君の嫌いな歯磨きしますよ。

 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com