猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

椅子の取り合い

 

椅子を取り合う猫
アオイ「あっち行ってよ!」
 

新旧交代

 

先日、私の座椅子の近くに、変なスポンジみたいなものが落ちていた。
なんだ?これ。

 

よくよく見ると、座椅子の端っこの布が破れていて、そこからウニョウニョと気色悪いワタが出ていた。

うちの猫も立派な大人だから、さすがにこの怪しいワタを飲み込むことはないだろうけど、この座椅子もかれこれ10年以上使っていることだし、お役御免にすることに決めた。

 

処分すると決まると、なにかと思い出が甦ってくるもの。

おむすびが、いつも占領していたこの座椅子。
アオイもユズも、いっぱいここで寝たね。

思い返してたら、なんか名残惜しくなってきたぞ。

 

思い出に浸っていてもしょうがないので、古い座椅子を粗大ごみに出し、新しく買った座椅子を置いた。


すると、なんの躊躇もなしに猫が乗る乗る。

少しくらい警戒してみたら?


椅子の所有権

 

実際は私の椅子でも、猫が「これ、あたしの」と言えば、それは猫のものだ。

 

座椅子で寝る猫


アオイがいつものように、座椅子でまったり。


そこへユズがやってきた。
近づいてきたユズを、眼光鋭く見つめるアオイ。

対峙する猫


あたしリラックス中にゃんだけど、いったいにゃに用かしら?

ユズは案の定、自分も椅子に乗りたくなったらしい。

猫も人と同じで、誰かが持っていると自分も欲しくなるのかな。

椅子に乗りたい猫


猫にお願いというワードはない。
だいたい、いつも命令形。

当然、アオイはビシッと拒絶する。

断る猫


ユズは意外にあっさり引き下がって、別の寝場所をさがしにいった。

引き下がる猫



そして実際の所有者、私。

座りたい人


疲れたんですよ。
ちょこっと半分、使わせてもらえませんかね?

「座らせてあげてもいいけど」という風に私を見上げる。

条件をつける猫


条件あり?
なんでしょうか?

具体的条件を述べる猫


いつもバタバタと動き回って、どっしりと落ち着くことがない私。

ずっと座っていたいのはやまやまだけど、やらなきゃいけないことがたくさんあるから、10分だけ休みたいんだよねぇ。

アオイにしてみたら、ウトウトしかけた頃に立ち上がられるのはきっと迷惑。

人の寝入りばなを襲う猫とは、お互い様なんじゃないの?と思うけど。

 

気に入らない猫


やめたらやめたで、なんだか気に食わなさそうなアオイなのだった。

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

 

www.daidaiebine.com