猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴ります。

身の程を知る

うちのユズは勘違いオトコですが、かく言う私も 実は・・・。 どえらい勘違い少女だった 私は少女時代、可愛く言えば夢見る夢子で 妄想するのが好きな子だった。

茶饅頭こわい

頼もしい適応力 私が1階に降りてしまうと、青たんは階段からひょっこり顔をのぞかせます。 呼んでもなかなか降りてきません。 好奇心旺盛な青たんが、リビングに行きたいけど行けない理由は・・・。

勘違いオトコ

余裕かましてます 青たんは、未知の部屋への好奇心でいっぱい。1階を探検しまくっています。 特にリビングは一番広い部屋で窓や家具も多いので、特に念入りにチェックします。

やっと明るい兆しが

心の壁 猫によって、心を開いてくれるタイミングって全然違いますよね。ユズはちっちゃかったので数日やそこら。アオイはたっぷり半年かかりました。 不思議なことに、青たんにはあまり あからさまな壁を感じないんですよね。

威嚇は続くよ どこまでも

もう花粉にうんざり 我が家ではこの季節、玄関に置いている空気清浄機が ウォンウォン言いながら思いっきり稼働中。

ちょっと進展(6日め)

我が家に来る前の青たん。保護主さん撮影。 前日に続いて、先住猫ユズと新入り猫青たんの対面を試みました。 やっと近距離で この日は午前中からパトロール部屋を解放してみたのですが、ユズは階段の途中で断念。よっぽどビビっているのですね。

いよいよご対面(5日め)

5日めにもなると、青たんにもなんとなく 行動パターンみたいなものができてきました。私がパトロール部屋のデスクでPCに向かうと、隣に置いた自分のベッドに潜り込みます。

緊張とれてきた?(3日め)

外を見るのが好き やっとウンチ 青たん、オシッコのあとの砂かけが激しいです。けっこうな時間、ガシャガシャやってます。

まだ警戒中(2日め)

青たんがやって来た当日、もし私への警戒モードが解けなかったら ケージに入ってもらった方が落ち着いて寝られるのかなと思いましたが、夜にまたゴロゴロ言ってくれたので パトロール部屋でフリーのまま寝ました。

ようこそ我が家へ

うちにユズの妹候補の猫さんが来ましたので、名前を考えました。

先住猫の心得は

「ここから絶対 動かないぞ」 前回でお話したように、もうすぐ新しい猫ちゃんを迎える予定の我が家。ユズとアオイは同時にうちにやってきたので、先住猫がいる状態で新入り猫を迎える というのは初体験なのです。 今はうれしい半面、不安も半分ってとこでし…

トライアルが決まりました

「おむも 新入り猫との面談に行ってきました」 ユズの妹候補の猫さんに 会いにいってきましたよ。 お見合い当日 自分に妹ができるかもしれないなんて 露ほども思っていないユズにお留守番をさせて、三太と保護主さん宅を訪ねました。

まずは食べてくれ

父にはいつも「出かけたいなら、朝メシを食ってから行け!」と言われて育ちました。食べないなら 出かけることは許さん、ということ。 それくらい朝食は、大事なものに位置づけられていたのです。

嫌なことほど覚えているもの

鈴虫寺 10年前 京都に行った時、鈴虫寺の前に長蛇の列ができていて驚いたことがある。 並んでいたのは皆20代か30代くらいの若い世代だったので、「本当にこれは寺に並んでいる行列なのか?」と不安になった。

忘れる才能

猫の記憶メカニズムってどうなってるんだろう?と思うことがあります。 猫のリセット機能

うちの子 ビフォーアフター

先日 猫ファイルを整理していましたら、懐かしい写真を見つけました。 今日は、その写真を載せてお送りしますね。

本能は駆り立てる

入らずにはいられない アオイは小さくて痩せていたので、普通サイズのベッドは大きすぎて見えた。 そんなアオイのために買った、体に密着して暖かそうなカボチャドーム。

猫と一緒に里帰り?

ぬくぬく モヤモヤしたニュース 先月、中国で 春節に猫を連れて里帰りするのが流行っている、というニュースを見た。 新型コロナの流行で 中国でも猫を飼う人が増え、行動制限のない今年の春節は ペットの世話代行業が大繁盛だったらしい。

友達さがし

時には ホットカーペットを仲良くシェアしてました アオイがいなくなってから、実感していることがあります。 それは、ユズがワガママになったこと。 ひとりっ子

時間の流れ、猫の感じ方は・・・

以前、時の経つ速さが年齢によって違うのはなぜ?という記事を書きましたが。 www.daidaiebine.com 人間と猫でも、感じ方に大きな違いはあるのでしょうか? ある土曜日の午後

忙しい自慢

だけじゃなく 寝てない自慢も 職場なんかで、口を開けばやたら忙しがってる人 っているじゃないですか。

旅先で出会った猫たち

今日は、今まで旅行先で出会った猫たちの写真を載せますね。よかったら見ていってください。 まずは岐阜県、下呂の猫さんから。

二番煎じと言うなかれ

猫のオモチャを買うのって、けっこう賭けだったりします。 気に入ればハッスルして遊んでもらえますが、気に入らなきゃシラ~ッとされてしまいます。

嬉しいような困ったような

一緒に寝たい、だけどそしたら眠れない うとうとしたころ、ユズがやってきた。 私は嬉しい反面、なんとなく困ったような・・・。

帰ろう

光 幼い頃、雲間から地上に差し込む金色の太陽の光を見て こう思った。「私はいつか あそこに帰るんだ」

ごはんのサイクル

「時間だよー」 お正月休みは、炬燵に足を突っ込んでダラダラうだうだ、いつも我慢しているお酒やお菓子も「まっいっか!正月だし」と飲みまくり食べまくり。 ふだん頑張っている私たち、たまのお正月くらい 甘々週間にしてもいいですよね。

いつもの朝

お正月休みが終わり今日から通常運転、という方も多いのではないでしょうか。

謹賀新年

新年 明けまして おめでとうございます。 2023年になりました。

大晦日

かまってちゃんだったアオイ。「あたしについてきて!」 終わらない大掃除 このブログで何度も書いておりますが、私は掃除が好きじゃないのです。 お金さえあれば お金で解決したいくらいです。ないから、仕方なく自分でしてますけど。

寄り添う

喪中はがき 先月、喪中はがきが届いた。なんだかいやな予感がした。