猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴ります。

ハンデを持って生まれてきたアオイ

5月のアオイ 続いてきた不調 アオイは仔猫の頃から 頻繁に胃液を吐く猫で、月いちの間隔でまったく食べられなくなり 毎月入院をしていた。 最初の数か月は、安易に毛球症と診断されていた。

さよならが言えない

皆さまのあたたかなコメント、本当にありがとうございました。 とても心にしみます。 今日は、かわいいアオイを見ていってください。

お知らせ

25日の夜、アオイの主治医より電話がありました。

ウェットな猫、ドライな猫

ウェットな性格 若い頃、上司に「えびねさんはドライ」と言われたことがありますが、それは会社でだけ。たぶん私は ウェットな性格。

あきらめも肝心

好きだった給食メニュー 小学校の給食で好きだったのは、ジャージャー麺だった。 ジャージャー麺というと ひき肉たっぷりで辛そうなイメージだけど、それとは全然別物。

猫に好かれる条件

猫にもよるけど、もの静かでゆったりした人は 猫に好かれるようです。 三太 大好き! ユズは 三太のことが大好き。 たぶん私のことは、ふつうに好き。 ・・・妬ける。

誰の物かは 猫が決める

骨盤クッション 私が変形性股関節症で股関節を痛くしていた時に買った、骨盤クッション。

多頭飼いの苦悩

複数の猫さんと暮らしていると、健康管理面で悩ましいことがあります。 ごはんの盗み食い ひとつはごはんの盗み食い。

あの頃は

給水器の前で なにおもふ うちは1階のリビングと廊下、2階の寝室とパトロール部屋と廊下 の合計5か所にお水を置いています。

猫のためなら なんのその

ものぐさ はた目に見てると、家猫の生活って私の理想です。猫には猫なりの苦労があるんだろうけど。

猫って 罪悪感を感じるのかな?

人間には罪悪感というものがあるけれど、猫にはあるんだろうか?なんて思う今日この頃。 レジのミス ひと昔前のスーパーのレジは、今みたいに 商品のバーコードを高速でピッピッと読みとらせるのではなく、人がひとつひとつ打ち込んでいた。

猫のアンテナは 感度バツグン

頭のよい猫は、イヤなことや楽しいことの予兆を一発で頭にインプットしますね。 イヤな予感 平日の夕方。 落ち着かない私を、アオイがじっと見ている。アオイは頭のよい女の子。

こけおどし その2

袋発見 アオイ「むむむっ!ステキな袋を発見」 素通りなんて できるわけありません。 さぁ、レッツトライ!

心のドアの重さは、猫によって全然違う

まだ警戒心を解かなかった頃のアオイ すぐに我が家を「自分の家」認定したユズ お見合い アオイは、ゴミ置き場でゴミを漁っているところを保護された。

爪切りを邪魔するのは

アオイ「もう切らせにゃいわっ」 最適な爪切りとは 投薬や歯磨きほどじゃないけど、猫に嫌がられる爪切り。