猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

許すということ

 

毛布の上の猫

 

許すということは私にとって、人生の課題のひとつだ。

  

腕に火傷のあった友達

 

小学校のクラスメートに、腕に火傷の跡のある女の子がいた。

 広範囲なケロイドだったけど夏は半そでを着ていたし、隠すようなことはしていなかった。

私は子供心に、決して火傷のことを口にするまいと決めていたにもかかわらず、彼女と言い争いになった時「なによ!やけど!」と言ってしまった。
言ってしまった途端、傷つけてしまったと激しく後悔した。

それから少しして彼女に謝ると、あっさり許してくれた。
心ない男子たちに日頃から火傷の跡をからかわれていたから、慣れっこになっていたのかもしれない。

だけど、(すごく仲が良かったわけでもないが)良好な関係だった私から言われたのは、ショックだったんじゃないかと思う。

私だったら、あんなにあっさり許せるかな、と思う。
どうでもいいことだと思えるくらい時間が経たないと、許せないような気がする。


許すことのできる人に、私は憧れる。

 

ちびアオイ

 
にゃんこぷさん (id:kazuhiro0214が、猫毛フェルトでうちのアオイを作ってくださった。
ありがとうございます!

小次郎さんと一緒に
ちっこいのがアオイです。 画像お借りしました。

サイドバーの「我が家の猫紹介」写真にあるように、アオイは最初のころは茶色が強かったので、ちびさんはギャルのアオイですね。


kazuhiro0214.hatenablog.com

 

O次郎さんの上で
カッコいいノルウェイジャンのO次郎さんの上で。 画像お借りしました。

ちびねこさんたちを見るたび美しさに感嘆していたけど、作ってもらえて嬉しいね!アオイ。

 

猫の寛大さは、忘れっぽさ?

 

走る猫


アオイはいつも、歩いている私の前に回りこむ。

追い越す猫

前に回りこむ猫


それに気づかず、何度か蹴とばしてしまったことがある。

猫を蹴とばす


だからいつも足元に注意していないといけない。

アオイはちょこまかしているから、座っているからと安心してはいけない。
次の瞬間にはこっちに走ってきていたりする。

 

ある日リビングを出て、引き戸を後ろ手に閉めようとしたら途中でなにかに引っ掛かった。
振り向いてみると、アオイの顔をドアに挟んでしまっていた。

ドアに顔を挟まれる猫


アオイは踵を返して、リビングの奥に走っていった。

 

走っていく猫


私は真っ青になって、ダイニングテーブルの下に逃げ込んだアオイを追いかけた。

アオイは裏切られた感いっぱいの顔で私を見ている。

失望している猫


私が撫でようと手を伸ばすと、ちょっと身構える。

謝る女


頭を撫でながら、ひたすら謝った。

するとアオイの目から責めるような険しさが消えて、いつもの甘えん坊のアオイに戻った。

許す猫


猫って私より大人かも。
というか、忘れっぽいだけなのかもしれないけど。

 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com