猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

猫の強さを感じる時

猫の昼寝


猫と比べて自分はなんてへなちょこなんだろう、と思うことがある。

 

生き抜く力

 

野良の仔猫の生存率は50%と言われている。
満足に食べられなかったり、天敵に襲われたり、病気になったりして半分が死んでしまう。


大人になれたとしても、平均寿命は3歳~5歳と短い。
それだけ厳しい環境を、野良猫たちは生きている。

 

先代の猫のおむすびは元飼い猫で、捨てられて野良猫になった。
家から追い出されて毎日のエサや寝床を突然失うなんて、私には想像するだけで苦しい。


おむすびは、うちに迎えられるまでの数年間を外で生きた。

頭から血を流していたこともあるそうだ(近所の奥さん談)。

血を流す猫


他の野良猫によくギャーギャー脅されていたから、その猫にやられたのかもしれない。
もしかしたらその時に、猫エイズに感染してしまったのかもしれない。

持ち前の人懐っこさで、Kさんというおうちの人に餌をもらっているようだった。
けれど充分な量ではなかったのか、ゴミを漁っているところを三太が見かけたこともあった。

ゴミをあさる猫


おむすびは平気で猫を捨てる人間を恨むことなく、へこたれず、うだるような夏も、凍える冬も、台風も逞しく乗り越えた。

 

おむすび、すごい!
おむすび、えらかった!

私だったら、すぐに野垂れ死にすると思う。


保護者アオイ

 

アオイは、ゴミ捨て場のゴミを漁っているところを保護された。
その時はひとりぼっちだったらしい。

当時アオイは生後2ヶ月ほど。
親離れには早いので、家族とはぐれてしまったのかもしれない。

どんなに心細かっただろう。

 

そんなアオイも大人になって、母性を垣間見せることがある。
例えばユズの毛づくろいをしてあげる時とか。

毛づくろいしてあげる猫


そしてこの私にも、保護者のようにぴったりとくっつく。

 

歯を磨く人

寄り添う猫


もう少しで蹴とばすところ。

猫に気づく


あぶないあぶない。

 

 

足の間でアオイがぐっすり寝ているので、起こさないように立ち上がった。

椅子から立ち上げる人


ちょっとお茶を淹れて、3分で戻ってくるつもり。

 

そっと立ち去る人


お湯をわかしてたら、アオイが追いかけてきた。

 

ついてきた猫


今度はちゃんと「戻るから」と言って立つ。

猫に言って聞かせる人


だけど来ちゃうのね。

 

迎えにきた猫

 

身体の弱い子でいろいろあったけど、ちゃんと大人になった。
お母さん猫みたいな顔して、私のこともぺろぺろ舐める。

愛おしくてたまりません。

 

外を眺める猫



読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com