猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

迫りくるルンバ

 

仔猫の頃の掃除風景。

ルンバと猫


ひたすら警戒モードの仔猫ユズ。

でも好奇心も抑えられない。

階段の猫


ルンバが近づくと逃げる。

 

逃げ出す猫


階段の陰から、そっとうかがう。

 

うかがう猫

 

懲りずにまたやってきた。

 

階段をのぼる猫


遠くからルンバを監視。

監視する猫


一方その頃、仔猫アオイは、少し離れたところから心配そうに見ていた。

心配そうな猫

 

 

ダイソンの掃除機

 

今うちで使っている掃除機はダイソン。

吸引力が変わらないのを売りにしてたような気がするんだけど、最近吸引力が落ちてる気がしてならない。

で、検索してみたら定期的にお掃除しないとだめなんですね。
フィルター交換もしなくちゃいけない?
そうだったのか・・。

 


そして、今日のはなさん(id:puru3919)さんのブログでダイソンの記事が。

puru3919.hatenablog.com



良いものを買うだけなら簡単で、手入れを続けることのほうがはるかに大事で大変なのです。

 

私は若い頃、ぼろいラジオを何度も修理しながら使い続ける父を見て「新しいの買えばいいのに」と思ったものだけど、大人になってあれはあるべき姿だったのだと思うようになった。

 

(ものによっては発火等の危険がない程度に)使い切れたら達成感もあるし、そういうスタイルを貫いてる人は美しい。

 

大きくてうるさいから嫌い

 

ほとんどの猫は掃除機が嫌いなようだ。
うちも掃除機が苦手な猫ばかり。

先代猫おむすびもそうだったが、ユズは掃除機をかけ始めると別の部屋へ逃げていく。

大きい本体と大きな音にビビリまくる。

逃げる猫


一方アオイは順応性があるのか肝が据わっているのか、最初こそ逃げたが、だんだん逃げなくなった。

掃除を始める人


イヤそうな顔はするけどその場を動かないので、アオイのいたところだけあとで掃除機をかける。

 

お掃除ロボット ルンバ

 

うちの猫は、ダイソンよりもルンバを怪しいものとして認識しているふしがある。
ダイソンほど怖くはないけど、私の助力無しで勝手に動き回るルンバは、不審者そのもの。

 

ルンバがせっせと掃除を始めたので、アオイはルンバの来ない場所にのぼって避難した。

ルンバと猫


ユズは音を聞きつけて、わざわざやってくる。

やってきた猫


あっちで寝てればいいのに。

ユズはビビリながらもルンバを睨みつける。

逃げないぞ!

監視する猫


一時たりとも目を離さず、監視を緩めない。

どうしても放っておけない。

ルンバに近づく猫


自分からそろりそろりと近づき、攻撃を仕掛けるのかと思いきや、ルンバが向かってくると逃げる。

仔猫の時とあんまり変わらない?

固まる猫


いったい、ユズが男気を出すのはいつになるのか?

テーブルにのぼる猫

 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com