猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

おやつ詐欺

 

仔猫時代のごはん風景

 

ごはんどき


ユズは食べるのが早い。
ざざっと口に流し込み、丸呑みする。

 アオイはウェットフードは少しずつ、カリカリも一粒ずつ噛んで食べる。

早くも食べ終わったユズ、アオイのごはん皿に頭を突っ込む。

戸惑うアオイ。

 

ごはんの横取り



アオイ「ちょっと、あたしにょよ!」

 

戸惑う猫

 

この後、アオイにミルクを出した。

この頃は、確か月齢5~6ヶ月。
まだミルクは嬉しそうに飲んでいた。

アオイの飲んでいるミルクをのぞき込むユズ。

ミルクを飲む猫


ユズ「なんだ・・・いつものゴハンじゃないや」

引き下がる猫



いったん引き下がったけど、気になる。

後ろで待機する


美味しそうにミルクを飲むアオイ。

やっぱり気になる。

ユズ「ねぇ、ボクもほしい!」

割り込む猫



アオイ、大メイワク。

 

ユズの食欲

 

とにかく食欲旺盛だった仔猫ユズ。
アオイのゴハンを横取りなんて当たり前。

ゴハンを横取り


アオイはだらだら食い派だけど、出しておくとユズが食べてしまうためそれができない。

アオイが残したゴハンはいったん引っ込めて、アオイがゴハン台に近づいたらまた出す、というようなことをする。
(非常に疲れます)

 

そんなユズも大人になって、食欲が落ち着いてきた。
今はゴハンを残すこともある。

猫の食事


飽きっぽいのか、最初は食べるけど徐々に食いつきが悪くなったりする。

とにかく苦労は尽きない。

三太が、ユズがカリカリを残しているのに気づいた。

エサが残った皿


どうするの?

 

キッチンにて


で、おやつの棚の扉をあける。


猫はおやつがどこにしまってあるのかわかってるので、その扉が開く音でおやつが出てくるのだとわかるらしい。

扉の開く音も聞き分けてしまう、猫の耳ってすごいのだ。

騒ぐ猫


にわかに騒ぎ出す猫たち。


私は三太に「ゴハン残したらおやつをもらえるって思わせるのは困るよ、クセになるからやめてよ」
と言った。

三太もなるほどと思ったらしく、皿にはなにも加えずそのまま、またゴハン台に戻した。

皿を戻す人


おやつがもらえると思いこんだ猫たちは、皿を覗き込んで一瞬沈黙。

 

猫の沈黙


そして抗議。

マジで抗議してました。

猫の抗議


怒るのもごもっともです。

騙す気はなかったんだけど。

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com