猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

隠れてるつもり

 

隠れる猫
「ボク、こっそり隠れてるんだ」

入ってはいけないところ

 

うちで猫の自由な出入りを禁止しているのは、キッチン、洗面所、納戸、そしてトイレ。
これらの場所に猫が入る時は、監視が必要。

放っておくと、だいたいろくでもないことをやらかすから。

 

 猫の方もこっちの考えがわかっているのか、入っちゃいけないところほど入りたくなるらしい。

 

トイレには、なぜ猫を入れてはいけないのか?
トイレの蓋は常時下ろしておくようにはしてるけど、問題はトイレットペーパー。

猫はこれを喜んでカミカミして、勇んで爪でガリガリして引き出しますね。

いたずらする猫

叱られる猫

猫を追い出す


猫を追い出したあとのトイレには、無残な姿のトイレットペーパーの山ができている。

 

ついうっかりして

 

気をつけているつもりでも、猫に入られちゃうことってありますよね。

例えば、トイレから出る時。
足元を見ないで出ると、すれ違いに猫がにょろっと入ってることがある。

で、気づかないまま扉を閉めて、「猫がいない、どこ行った?」とさがし回り、最後にトイレをのぞくと、猫がちょこんと座ってこっちを見ている。
こういう時は猫もけっこうな時間閉じ込められたので、私に追い立てられなくても自主的にささっと出ていく。

 

予想通り、たつ鳥は跡を濁していて、床にズタズタになったトイレットペーパーの山ができている。
これを見るとガッカリせずにはいられない。

 


ドアをきちんと閉めたつもりが、閉まってないこともある。
それを目ざとく見つけるユズ。

開いてるドアに気づく猫


なんでこういうことにはいち早く気づくんだろ?

トイレットペーパーを思う存分堪能したあとは、トイレマットに潜ってみる。

潜る猫

隠れてるつもり


これで隠れたつもり。

そこへ私の足音が、ドスンドスンと近づいてくる。

気づく女


ユズよ、そんなんで角を生やした私をやり過ごせると思ってるのか?
思ってるんだよね、きっと。

猫と飼い主

迷う飼い主


私は私でこういう時、判断に迷う。
「コラッ(見えてんのよ!)」と言うべきか、見えないふりをしてあげるべきか。

 

トイレでいたずらさえしなければ、見えないふりしてあげるんだけどね・・・。

 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com