猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

ユズの去勢手術

 

窓辺の仔猫
好奇心いっぱいの頃の、仔猫ユズ

前回は、アオイのエリザベスカラーについてのお話をしました。

今回は、ユズのエリザベスカラー騒ぎのお話をしてまいります。

  

手術当日

 

話は遡ってユズが月齢5ヶ月の頃、体重も着実に増えたので去勢手術をすることにした。


当日の朝ゴハンはおあずけだ。

朝ごはんはおあずけ


食べ盛りだったユズは、なんで自分だけゴハンをもらえないのかさっぱりわからず、悲しそう。

今日だけだからね、とユズをなでなで。

そんなユズをなだめながら、病院へ。
手術は問題なく済んで、夕方迎えにいった。

患部を舐めてしまうので、ということでユズはエリザベスカラーをつけられていた。
家に着いてキャリーバッグから出ると、首のあたりにすごく違和感を感じているようだ。

エリカラをつけた猫


なんとかはずそうとして、暴れまくった。
エリカラに前足をかけて、ぐいぐい押してみる。

エリカラを外そうとする猫


とれない。

振り落とそうと体をひねってみる。

エリカラを振り落とそうとする猫


振り落とせない。

何度もバッタンバッタンと奮闘して、最後にはとうとううなだれた。

うなだれる猫


こんなにわかりやすく落ち込むんだ、とちょっとびっくりした。
そしてそんなユズを見ると、こっちまで辛い気持ちになった。

 

あまりに暴れるのでエリカラははずして、今夜やケージで過ごしてもらおうと、その日は三太がケージの横にふとんを敷いて寝ることにした。

 

その後のユズ

 

翌朝ケージから出すと、自由になったユズはアオイにしつこくからんだ。
それはもう、アオイが可哀そうになるくらい。


ごはんを食べて満腹になっても、やっぱりからむ。
大きめの声で「やめなさい!」と言っても、まったく効果なし。

自由を満喫する猫


病院、そしてケージでの就寝とストレスが溜まってるんだろうと、オモチャを振ってみると激しく遊んだ。
はっちゃけて、オモチャを捕まえてくわえると、異常なくらいウーウー唸った。

うなる猫


その唸り声にまたアオイがひいて、あからさまにいやぁな顔をしている。

 

ユズの患部は3日もすると、腫れも赤みもひいて、毛も生えてきた。
気にする様子もなくなった。

とりあえずホッと一安心。

 

一番気の毒なのは、アオイだった気がする。
ただでさえ長い毛繕いをするアオイだが、この時は見るたび毛繕いしていた。

毛繕いする猫

アオイも、すごくストレス溜まっちゃたよね。

ご苦労さまでした。

 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com