猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

猫 VS 掃除機 おむすび編76

 

この記事を書く前に、「掃除機が好きな猫」で検索してみた。
すると、出てくる出てくる。
ゴキゲンで掃除機にかけられている猫たちが。

 
掃除機を怖がらない猫たち

掃除機と猫


世の中には、掃除機が大好きな猫というのが意外といるらしい。
これをテレビで初めて見た時は驚いた。
飼い主が掃除機で掃除を始めると、ゴロンとなり「さぁさぁ、どうぞ」と、掃除機でギュイーンと吸われるのを待つのだ。


飼い主さんは「ちょっとめんどくさいですね~。肝心の掃除ができないですからねぇ」なんて言っている。


これはとても飼い主孝行な猫たちじゃないだろうか。
だって掃除機でガーッとやってしまえば、ブラッシングも短縮できる。
毎日のブラッシングの甲斐もなく、次の日にはモワっとした毛の塊が部屋の隅に落ちている我が家。
やってもやってもキリがない。

人間の場合、ひとつの毛穴から1本の毛が生えるが、猫の場合はひとつの毛穴から5,6本の毛が生えるという。
これと毛穴の密度を踏まえて猫の体表面積で計算すると、およそ80~100万本の毛が生えているということになる。(ちなみに人間の髪はおよそ10万本。)
そしておよそ3ヶ月ですべての毛が生え変わるというから、換毛期のブラッシングは鼻ムズムズとの闘いになるわけだ。

シャンプーは手っ取り早く毛をごっそりと洗い流せるが、作業そのものが猫にとっても飼い主にとってもかなりしんどい。
水を嫌う猫のストレスも考えれば、頻繁にできるものじゃない。


いつまでたっても掃除機は敵らしい

掃除機を取り出す

まず掃除機を見ただけで、おむすびは非難がましい目になる。
猫は自身の体より大きなものを見ると警戒行動をする、という実験結果がある。
自分より大きなものは、危害を加えてくる危険がある、という認識らしい。

そして、おむすびは掃除機の凄まじい音が嫌い。
スイッチを入れたら100%逃げ出す。

逃げ出す猫


だいたい2階に逃げる。

嫌がる猫


そして掃除機を持って2階に上がれば、今度は1階に逃げる。

お掃除ロボットもかん高くて大きな音がするが、本体が小さいからなのか逃げ出しはしないものの、遠巻きに眺めている。

遠巻きに見る猫


ちょっと近づいてみても、お掃除ロボットが方向転換すると後ずさる。

猫が掃除機と仲良くなれる日は遠いようだ。

 

私としては、こんな風景を見てみたいんだけど。

お掃除ロボットに乗る猫

でも、そうは問屋が卸さないかも。

動かない掃除機
我が家の乙女、ショック。

 

おむすび編77に続きます

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com