猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

猫が寝ている隙に

今週のお題「寿司」

 

耳をそばだてる猫

 

お寿司を食べる

 

お寿司は大好きだ。
なのによく考えると、年に数えるほどしか食べてない。

 

 

私の子供時代は回転寿司などまだなくて、寿司=ご馳走という強烈な固定観念があった。

その固定観念はいまだに根深いようで、ボーナスが出た、誕生日だ、などなどの特別な日に「じゃ、寿司食べに行くか」という発想になる。

 

そしていそいそと店まで出かけていき、必ず食べるのは甘えび。
口に入れるとぷりっとして、甘味がじわっと広がる。

最近は光物もしみじみうまい。

 

 

たまには、お寿司を買って帰る時もある。
エキナカで買ったお寿司でも、やっぱりご馳走。

 
猫はお寿司に吸い寄せられてくる?

 

だけど肝心なのが、食べるタイミング。

なぜなら、うちには猫がいるから。


猫がお腹を空かせて、目がキラキラと輝いている時はNG。

 

寿司を持ってよっこらしょと腰を下ろした時点で、おもむろにやってくる。

そしてテーブルに乗り、寿司に接近してくんくんと嗅ぐ。

こっちは落ち着いて食べられやしない。


基本的にうちでは、猫に刺身をあげていない。(先代おむすびには、よくマグロをあげてましたが)

だからお刺身の美味しさは知らないはずだと思うけど、やっぱり本能で気になるようだ。

 

ということで、寿司を食べるなら猫がぐっすり寝ている時がよろしい。
起きていたら、仕方なくキッチンで立ち食い。

トホホ。

 

隙をついたつもりが

 

猫が寝ている間に溜まっていた家事をやってしまいましょう。

 

家事する人

 

2階で洗濯ものをたたんで1階へ降りていったら、いつの間にか起きたアオイが廊下で待っていた。

 

見上げる猫

 

見上げる顔のなんとかわいいことよ。

 

アオイは、私が下りてくるのを見ると、ひょいと腰をあげてリビングに入っていく。
「ついてきなさい」という意味だ。

 

先を歩く猫

 

すたすたと私の前を歩き、立ち止まって背伸びのポーズ。

伸びのポーズ


余裕ですな。

 

横になる猫

 

そしてゴロンと寝転び「撫でなさい」ポーズ。

 

馳せ参じる下僕

 

お世話係は、持っていた洗濯物をソファに置いて馳せ参じる。

 

どうでしょう?
お気に召しましたか?

猫をなでなで

 

あっ!

洗濯ものに乗る猫


せっかくたたんだ洗濯物が・・・。

 

猫の隙をついたつもりが、最終的に隙をつかれたのであった。

 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com