猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

椅子の所有権 おむすび編61

 

緊急事態宣言が出て、昨日勤めている会社で通達があった。

  

寝転ぶ猫

外界の混乱ぶりなど、われ関せず


通達の内容

 

1) 2mの距離をとること(今更?)


息つく間もないほど忙しいのに、朝からわちゃわちゃとデスクを動かした。
前後は2mの間隔があけられたが、隣とはスペースが限られているからそのまま・・・。中途半端この上ない。

2) 自宅待機日を設ける(テレワークにしないんかい!)


今めちゃくちゃ忙しいので、出勤しない日があるとその分仕事が溜まっていて翌日の出勤日は地獄を見る。
トイレも思わず我慢してしまい、膀胱炎になりそうだ。

なぜ、テレワークにしない?
ペーパーレスのシステムは整っているのに、未だに紙に固執している。
時代錯誤としか言いようがない。

3) マスク着用の義務(今更???)


マスクをせずにあちこちでおしゃべりに興じる人がいるので、もっと早く義務化して欲しかった。

2週間ほど前に「業務に関係ないことはしゃべらないように。話しかけられた人が迷惑です」というメールが全員に送られてきたが、静かだったのもその日の午前中までだった。
上司(マスクしない)なんて「あのメールは気にしない」なんて言ってた(絶句)。

 

 

と、私が今勤めている会社のレベルをちょっと披露してみた。
今の会社は、2度目の転職で就職した会社だ。
私の実感で言うと、特殊技能や技術がない限り、転職のたびに会社の質は落ちていく。

 

椅子は誰のもの? 

 

リビングは猫が統治する王国だ。
猫ファーストだから、何をされても文句が言えない。

水を飲む猫

トイレに立つ女

椅子に乗る猫

ちょっとした用事から戻ると、椅子はかなりの確率で乗っ取られている。

 

戻ってきた女


当然でしょ?と言っているような顔を見ると「はぁ、では私は別のところに座りますよ」となるのだが、そうはいかない時もある。
そんな時は、背もたれとおむすびの間にぐいぐいとお尻を押し込み、おむすびには股のところに収まってもらう。

 

足の間で寝る猫

 まんざらでもなさそうだ。

 

在宅勤務する夫

 

三太は以前から、ちょくちょく在宅勤務していた。
この状況になって、今では毎日家で仕事している。
本当は暖かいリビングで仕事したいようだが、大好きな三太を猫が放っておくわけがない。
なので、2階の1室を仕事部屋にすることにした。

 

私もアイロンがけなどしたい時は2階でやる。
リビングでやろうものなら、熱いアイロンをスンスンしようとして、危なくってしょうがない。
挙句の果てには、アイロン済みの衣類に乗って、また服を皺だらけにしてしまう。

 

全く・・・。

猫ってうらやましいくらい自由だな!

 

 おむすび編62に続きます

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com