猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

オカルトちっくな顔

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

 

遊ぶ猫

歯をむく猫

ヘンな顔の猫



八つ当たり

 

先日、テレビの動物番組に犬が出ていた時のこと。
三太が思い出したように言った。

 

三太「もう10年以上前のことだけどさ、地域プラザで犬を散歩させてる女子高生がいたんだよ」
私 「?」
三太「犬って、いろんなところの匂いを嗅くのに、いちいち立ち止まるでしょ」
私 「そうだね」
三太「その子がさ、犬が立ち止まるたびに、グイって思いっきり引っ張るんだよ」
私 「!!!」
三太「もうさ、犬の首がどうかなっちゃうんじゃないかと思ってさ」
私 「・・・・・・」
三太「見てて泣きたくなった」

 

私は最初怒りがこみあげてきたが、そのあとすごく悲しくなった。

多分その子はすごく虫の居所が悪いか、犬の散歩なんかよりやりたいことがあるか、そんなところなんだろう。
自分のイライラが犬に向かってしまっていることを、あまり深く考えていなかったのかもしれない。

 

エラそうに言える立場じゃないけど、八つ当たりはやめた方がいい。
もしどうしても、八つ当たりしないではいられないなら、強くて寛容な人間にしてほしい。
強くて寛容な人なら「しょうがないやつだな」と流してくれるかもしれない。

 

でも犬や猫は、わけがわからずどこかで傷つくだろう。
自分より弱い者を、傷つけてはいけない。

 

私も若い頃は、親や姉に八つ当たりをすることがよくあった。

飼っていたのはカナリアだけだったので、さすがにカナリアに八つ当たりすることはなかった。


犬や猫じゃなくて良かったのかもしれない。

未熟なあまり、もし犬や猫に八つ当たりしていたら、きっと今でも思い出して嫌な気分になるだろう。

感情のコントロールができるようになった時が大人になれた時ってことかな、と私は思う。

 

 

オカルト顔

 

うちの猫たちはとても可愛い。


ちょっとしたしぐさ。

 

なめる猫


まるまったフォーム。

 

丸いねこ


なんでも可愛い。

よろこぶ人

 

でも時々そんな可愛い猫たちも、オカルトちっくな顔になっていることがある。

そんな怖い顔になるのは、遊んでいる時。

 

遊ぶ猫

遊んでる猫

狩る猫



こっちがじゃらしを振るのに疲れて、そろそろやめたいなと思っても、しつこいお二方はなかなかやめる気配なし。

 

まだ遊びたい猫


もう終わりにしようよ~~。

  

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com