猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

隣の芝生は青いのか?

一緒にお昼寝


 
パーソナルスペース

 

数日前、スーパーのレジで支払いをしていたら、後ろのオッチャンが距離をつめてきた。
その距離30cmほど。

 


コロナ禍じゃなくてもこの距離は近すぎる。
離れようとする私、遠のくレジの人。更に近づくオッチャン(オイオイ!)。

最後にはオッチャン、レジの人に「もう少しお待ちください」と言われていた。

 

会社で立ち話なんかしていると、時々「この人近いな」と思うことがある。

私は相手に悟られないようにじりじりと後ずさり、距離をとろうとする。
そしてあるところまでくると、相手がガバッと一歩近づき、私の努力は水の泡になる。

はたから見れば、少しずつ移動している変なふたりだ。

 

同僚などの知り合い同士の場合、パーソナルスペースは45cm以上と言われている。
自分の感覚は意外に平均的なのかな、と思った。

 

パーソナルスペースが近い人の特徴として、社交的、自信家、客観的、べったりしたつき合いを好む、などがあるという。
逆にパーソナルスペースの遠い人は、慎重、人見知り、自信がない、単独行動を好む、など。

自分はバッチリ遠い人の特徴に合致するけど、相手が人じゃなく猫となると、話は全然違ってきますね。

 

猫を見ると、近づきたくてウズウズしてくる。
顔なんかも触れるくらいまで近づけて、あわよくば頬ずりさせてもらう。

アオイなんかはツンデレだから嫌がりそうに見えるけど、意外と嫌なそぶりも見せず、ゴロゴロ言っている。

 

隣の芝生

 

アオイは、パーソナルスペースが狭いのか、くっつくのが大好き。

基本的に私や三太にくっついているが、時々猫仲間にもくっつきたくなるようだ。

ある日の昼食時、ユズは窓辺の猫ベッドでお昼寝中。

窓辺で昼寝


アオイはいつものようにテーブルの下のホットカーペットで、ぬくぬくウトウト。

テーブルの下で昼寝


目を覚ますと、ユズが見当たらない。

起きた猫



見回してみると、ユズは窓辺で気持ち良さそうに寝ている。

相棒をさがす猫


近づいて行って、品定め。

様子をうかがう猫

今日はお日様がいい具合ね。

空いたスペースに足を入れる。

足を踏み入れる猫


そして、ユズをクッションのように踏んづける。
実際クッションみたいなんだけど。

相棒を踏んづける

お日様でベッドもユズもポカポカしてるじゃにゃいの。
いい感じだわ。

無理やり割り込んで、ユズを押しのける。

押しのける猫


さすがにユズも起きた。

アオイは寝る態勢。
ユズは尻尾をパタンパタンと打ちつけてる。

イライラする猫



イライラしてる証拠だ。

数分もすれば、ユズのイライラも落ち着くかな?と思って見ていたが、パタンパタンは止まらない。

結局ユズが不機嫌な顔で出ていった。

出ていく猫


アオイは、動じることなくぐっすり。

やっぱり、隣の芝生は青く見えるんだね。

 

嫌そうな顔

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com