猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

たった3分なのに

下から猫


 

人相学

 

生まれてからこのかた、ずっと前髪を垂らす髪型にしてきた。

なぜか?
自分の額にまるで自信がないから。

 

私が理想とする額は、広くて丸いおでこだ。
富士額だったらなお良し。

だけど現実は、どっちかというと狭くて平面的。
で、生え際がちょっとМ型。
おじさんみたいでいやだ。

人相学的に言うと、

額が広い人  ・・・知性がある(頭がいい)、運が強い
額が狭い人  ・・・知性より感覚(頭は良くない)、辛抱強い
富士額    ・・・愛情豊か、モテ体質
生え際がМ型 ・・・切れ者、男勝りの仕事人間
生え際が直線 ・・・几帳面、努力家、四角四面
生え際が丸い ・・・優しい、優柔不断

 
えーとえーと、額が狭いのは頭が悪いってこと?(悪かったね。)

そして動物的勘が鋭く、辛抱強いって?
私が?まさか!

М型の生え際は切れ者、男勝りの仕事人間で家庭に収まりにくいタイプなんだそうだ。
まったく当たってないない。

それに頭は悪くて切れ者ってどういうこと?

 

前髪をセルフカット

 


前髪が伸びてきた。
垂らしているので、伸びてくるととってもうざい。

でもわざわざ美容院に切りにいくのはまだ早いので、自分で切る。


まずははさみと鏡とチラシを用意する。

 

髪を切る準備


そこへ猫はやってくる。
邪魔するのが猫の仕事。

テーブルにのる猫


いったい何を始めるの?と絶対に見逃さない。

近づく猫


テーブルにのぼったらまず、チラシの上の切った髪に興味を示す。
アオイのゲロの中に私の髪の毛を発見したこともあるので、食べてしまったら大変だ。

猫を制止する


下りてもらいますよ。

 

猫をおるす

 

下ろしても下ろしてものぼるのが猫。

また乗る猫

 

以下繰り返し。


根負けしてダイニングテーブルに移動した。

移動する人


やっぱりついてきた。

先回り


これもエンドレスになりそうなので、別の部屋に移動して、アオイが入ってこれないようにドアを閉めた。

 

最初からこうしていれば3分で済んだのだけど。

たったの3分くらい、猫は放っておいてくれるんじゃないか、とついつい甘い幻想を抱いてしまうんですよね。

 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com