猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

やきもち

カメラ目線の猫


 

猫って、同居猫が人に甘えているとやきもちを焼く。
ウジウジとやきもちなんて焼いてないで、こっちに来て一緒に甘えればいいのに、と思う。

でもきっと、猫の世界にもいろいろ掟があるんだよね。

 

仔猫のころ

 

アオイとユズを迎えた時、公平を心がけようと思った。
とにかくどちらかがいじけたりしないように、どちらかを撫でたら、もう一方も同じだけ撫でる、とか。

だけどそれは、なかなか難しいものだった。

ユズがうちに来てすぐ、なんの躊躇もなく甘えるようになった一方で、アオイは半年くらい私たちに心を許さなかったからだ。
アオイはもともと甘えん坊な性格なので、苦しい半年だったと思う。

 

仔猫のユズは毎日、ゴロゴロと大音量で私たちに甘えた(今もですが)。

膝に乗りたい猫

ジッと見つめる猫


そんなユズを、仔猫のアオイは遠巻きにジッと見ていた。

視線が痛い


その視線は明らかに不満そう。

やきもちをやくねこ



ユズを撫でたらアオイもと思っていたので、こちらから撫でに赴くと逃げてしまったりした。

イヤなのか・・・、と落ち込む。
じゃ、さっきのとげとげしい視線は何だったんだ?と、考えてもわけがわからない。

 

オトナになってもやはり

 

それから半年もすると、アオイの甘えん坊な性格が現れた。

とにかくどこにでもついてくる。
座れば、ささっと膝に乗ってなかなか降りない。

 

甘えん坊の猫



アオイが心を許してくれたのは嬉しかったけど、今度はユズがやきもちを焼くようになった。
アオイに構っていると、どこからか突き刺さるような視線。

視線を感じる


以前のアオイと同じように、遠巻きにこちらをじっと見ている。

 

じっと見てる猫


警戒心から解放されて甘えん坊になったアオイ。

もうユズに構っていてもあっけらかんとしているか、と思ったら大間違い。
やっぱり向こうからジトっと見ている。

 

キャットタワーの上から見る


どちらかが焼きもちをやいて、ジッとこっちを見ていると人間の私の方が落ち着かない。
甘えている猫は、同居猫の視線に全く動じてない様子。

 

人のやきもちや嫉妬の感情は大嫌いだ。
自分がそれに支配されると、とても苦しい。
こんな感情要らないと思う。

 

それに比べると、猫のやきもちはとても可愛らしく思える。
猫にしてみれば、猫なりにいろいろ大変なのかもしれないけど。

 

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com