猫とビー玉

猫に振り回される幸せとドタバタ日常。自作のヘタ漫画をまじえて綴っていきます

ちんまりオーラ

 

f:id:daidaiebine:20201108140024j:plain
とても痩せっぽっちだったアオイ

ちょっとふっくらしました
ちょっとふっくらしました

インフルエンザのワクチン接種してきた

 

昨日、インフルエンザの予防接種を受けにいった。
待合室は、ほとんどがワクチン接種に来ている人のようだった。

 

ワクチンの予約は、先月初旬にこの病院に電話してとった。
最初はなかなか電話がつながらなかった。
問合わせが殺到してるのかな?と思った。

待合室で呼ばれるのを待っている間に病院の電話が鳴って、看護師さんが「次回のワクチン接種のスケジュールは未定なので、決まり次第ホームページに載せます」と対応していた。

コロナ禍の今年ばかりはインフルにかかりたくない、と思う人は多いんだろう。

街を歩いていると、マスクをしてない人をちらほら見かける。
若い人が多い。高齢者もいるけど。
自分は若い、或いは体力に自信があるから、新型コロナは恐くないと思うのかもしれない。

誰かのため

 

自分は感染してもきっと無症状か軽症で済む、だけど他の誰かにうつすのは嫌だ、そう考える人は素敵に見える。

 
人生にかかわるような重大なことじゃなくて、ちょっとしたことでいい。
なにげなく、さりげなく、誰かのために行動できたらいい。例えその目的が、自己肯定感を得るためのものであっても。


ワクチン接種が終わって、早い昼食をとろうとコメダ珈琲に寄った。
店内は、ほぼほぼ客で埋まっていた。
11時前だったので、モーニングサービスに間に合った。

熱いコーヒーを飲んでホッとひと息つきながら、大統領選の速報を見た。
今回の大統領選では、利己と利他についてたくさん考えさせられた。


利己ではなく利他の人生はきっと豊かなものになるんだろうな、とぼんやり思った一日だった。

 

小さな猫、アオイ

猫は私にとって、利他(利猫)の心を思い起こさせてくれる存在。

アオイのちんまりぶりは、そのトリガーのひとつだ。

 

小さな猫


アオイは3Kg弱の小さな猫だ。
うちに来た時は月齢4ヶ月で2Kg、ガリガリだった。
それから体も少し大きくなり、お肉もなんとかついてスリムな猫に昇格した。

退屈している猫

猫のために走る女


飼い主としては標準体型を目指したかったのだけど、体重は3Kg止まり。
一方ユズは6キロ近くの巨体、なんと2倍だ。
アオイのちんまり加減はひと際目立つ。

オモチャを持ってきた飼い主

乗り気でない猫

やはり退屈する猫


このちんまりオーラで、私はさらに奮起。

 

猫を喜ばせるために

歌を歌う女

逃げ出す猫


私の歌は、だいたい猫に嫌われる。

 

www.daidaiebine.com

 

ちなみにJUJUの歌声で、猫が逃げ出したことは一回もない。

 

猫は下手な歌を聞かされると、情緒不安定になるのかな?

 

読んで下さりありがとうございます
人気ブログランキングはコチラ


お手数おかけします


 人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログへ
 にほんブログ村

 

www.daidaiebine.com